電話占いはいいことしか言わないは本当?嘘?電話占い云々ではなく占い師による

電話占い師はいいことしか言わないというのは本当か?

結論から言うと、それは嘘です。

そんなはずありません。

よく考えて見てください。

知恵袋を見たり、電話占いサイトのレビューも見てください。

「悪い結果ばかりで凹んでます」とか、「悪い結果でどうしていいか分かりません」とか、ネガティブな鑑定結果で余計に悩んでいる人はたくさんいます。

ですので、結論はこうなります。

電話占いはいいことしか言わない、というのは嘘だけど、占い師によってはいいことしか言わない占い師はいる。

ということです。

つまり、占い師によっては、いいことしか言わないというのは本当です。

逆に、悪いことしか言わない占い師もいます。

良い結果ばかりを言うのを「アゲ鑑定」、悪い結果ばかり言うのを「サゲ鑑定」とも言われています。

ではなぜ、電話占いでいいことしか言わない占い師がいるのでしょう。

その理由を考えてみましょう。

電話占いでいいことばかり言うアゲ鑑定

電話占いでいいことばかり言うアゲ鑑定がありますが、それをどう捉えるかは相談者によるでしょうね。

アゲ鑑定といっても、伝え方によってニュアンスが違ってきます。

なにをもってアゲ鑑定というかも感じ方は人それぞれなはずです。

例えばこういう占い結果ではどうでしょうか。

恋愛相談。片想いの相手の気持ちを知りたい。という相談の場合。

相手の気持ちは、今は恋愛よりも別のこと、恐らく仕事に夢中になっていて、あなたの気持ちに気付いていない可能性があります。思い切って、さらに近づいてみてはどうでしょうか。ただ、一気に近づくよりも、時間をかけて、話しかける回数を増やしたりするのもいいでしょう。

いいことばかりを言ってる鑑定とみますか?

これは人によるでしょうね。

あなたの気持ちに気付いていないという点では、いいことばかりとも言えないですよね。

その後にアドバイスを伝えていますので、全般、ポジティブな占い結果だと思います。

ただ、人によっては、これをアゲ鑑定だとか、いいように言ってるだけ、と捉える人もいるかもしれません。

つまり、どう捉えるかは個人差があるということです。

電話占いでいいことばかり言う占い師ってどんな人?

電話占いでいいことばかり言う占い師というのは、もっと露骨に良い面だけを言う占い師です。

タロットであれ四柱推命であれ、恐らく占いはしているとは思いますが、その結果を、とにかく良いようにしか伝えないということです。

例を変えます。

仕事の相談。やりたい仕事が見つかったため、脱サラして起業しようと思います。タイミングは今でも大丈夫ですか?

大丈夫そうです。今はとにかくやりたいことをやってみる時期と出ています。もちろん、それだけの努力をする必要がありますが、タイミングは良いようですよ。

こういう結果が出ると、決して悪い気はしないですよね。

ただ、きちんと占いをすれば、課題点はもっと見つかるはずです。それは伝えずに、よいように伝えている印象があります。

もちろん、これもアゲ鑑定と断定できない部分もありますので、難しいところです。

ではもう少し、電話占いでいいことしか言わない占い師はどういう理由なのでしょうか?

電話占いで悪い結果を言うのが怖くていいことしか言わない

電話占いで、悪い結果を伝えるのは勇気がいると思います。

中には、怒りだす依頼者もいると聞きます。

それならいっそ、いいことだけ言っているほうが安全だし、満足してもらえる可能性が高くなるのではないかということです。

日常会話でも、人に悪いことってなかなか言えないですよね。

それも、気を悪くするかもしれないような、落ち込むような内容を、怖くて言えないのかもしれません。

電話占い30分無料なサイトで、まずは、どういう鑑定をするか確認してみるのも一つの方法でしょうね。

電話占いで鑑定するスキルがないからとにかくいいことしか言わない

電話占いはまったなしです。

メール占いなら、一旦よく考えて、文章にして伝えることが出来ますが、電話占いの場合はそうはいきません。

すぐに鑑定結果を出す必要があります。

もたもたしていると、引き延ばしだと怒られかねません。

そこで、すぐに悪い結果も良い結果も、アドバイスもいろいろと順序だてて鑑定結果を伝えるのは簡単ではないはずです。

そもそも、そのスキルがないので、とにかくいいことばかりを言ってしまうのかもしれません。

電話占いでアゲ鑑定をすればリピートが増えると思っている

悪いことばかり言われる占い師と、いいことばかり言ってくれる占い師。

どちらのほうがリピート率が高いかは知りません。

印象としては、いいことばかり言ってもらえたほうが、前向きになれそうな印象もあります。

これは私の勝手な憶測ですが、いいことばかりを言う占い師のほうが、明るめのリピートが増えそうな印象です。

そして、悪い結果ばかりの占い師。この場合は、リピートはリピートでも、電話占い依存症になりやすいのではないかというのが推測です。

悪い結果ばかりを言われたら、どうしたらいいんだろう?逃れる方法はあるのか?などとずっと気になりそうです。

それが依存症とも言えるのですが、結局は、やっぱりまた占いに依存してしまう。

つまり、良いか悪いか、どちらかに振り切った鑑定のほうが、また占って欲しいってなりそうな気がしますというだけです。

電話占いはいいことしか言わないは本当?嘘? まとめ

結局、電話占いサイトは関係ありません。

占い師によって、鑑定スタイルが違うというだけです。

具体的なアドバイスをくれる占い師もいるし、くれない占い師もいる。

まずは自分がどういう占い師に相談したいかをはっきりさせておいたほうがいいでしょうね。

それを元に、電話占いサイトランキングなどでチェックしていくのがいいと思います。

電話占いは当たるかどうかより依存症に注意

電話占いに当たるかどうかばかりを求めていくと、やっぱり依存症に陥りやすいと感じています。

電話占いサイトには、占い師のプロフィールが掲載されていますし、鑑定例を載せているサイトもあります。

とことんチェックしておいてから依頼しましょう。

安全な電話占いサイトといっても、結局は占い師次第ともいえます。

ココナラのように、オーディションがないようなサイトなら尚更です。

もちろん、ココナラにも優れた占い師さんはたくさんいますけどね。