頭髪の日は10月20日【薄毛が気になるのは頭頂部、前頭部、分け目】男性と女性の意見は?

頭髪の日は10月20日【薄毛が気になるのは頭頂部、前頭部、分け目】男性と女性の意見は?

頭髪の日なんてあるんですね。

昨日、10月20日かそうだったみたいです。

確かに、10と20で頭髪とは上手いこというものですよね。

さて、頭髪の日といっても、髪の毛についての思いは人それぞれでしょうね。

気になること、悩むことも人によると思います。

白髪が多いとか、薄毛とか、髪の毛の色だったり、質だったり色々だと思います。

今回は、薄毛に関してのコラムです。

テーマは、「薄毛が気になるのはどの部分か?」ということです。

男性と女性とで異なる薄毛の気になる部分

これは私自身もそうですし、色々なアンケートや商品レビューを見ていて思うことなのですが、男性と女性とでは、やっぱり薄毛が気になる部分は違うようですね。

男性の場合でしたら、前頭部、いわゆる生え際です。あるいは頭頂部ですね。

女性でしたら、髪の毛全体が薄くなって地肌が見えてくる感じで、分け目が気になるという女性は少なくないようですね。

これは男性ホルモン、女性ホルモンが関係しているみたいなんですよね。

薄毛が気になるのは、20代、30代くらいからが多いみたいで、もっと進行してくる40代、50代になってくると、だんだん諦める人も出てくるのかもしれません。

薄毛が気になってから対策をする人も多いみたいですが、やっぱりケアするとなると、こういうことでしょう。

薄毛の対策~自分で治すことは出来る?

薄毛の対策としてこういうものが挙げられます。

  • 育毛剤や発毛剤を使う(ミノキシジル)
  • AGA治療の飲み薬を飲む
  • シャンプーを髪の毛にあったものにする
  • 頭皮をマッサージする
  • ストレス発散、メンタルヘルス
  • よく寝る
  • 禁煙
  • 運動
  • 髪の毛に良い食生活

他にもあると思いますが、取り組む人が多いのはこういうものでしょう。

では、こういう方法で、自分で薄毛を治すことが出来るのかというと、これが簡単ではないので、新しい情報がどんどん出てきたり、新しい育毛剤や発毛剤やシャンプーやトリートメントなどが出てくるんでしょうね。

では、自分で薄毛を治すことが出来るのかというと、薄毛になった原因にもよるのではないでしょうか。

例えば、一時的に大きなストレスがかかって、それが原因で薄毛になっているなら、その原因がなくなれば、改善される可能性はあるでしょう。

ところが、加齢によってであったり、男性ホルモンや女性ホルモンによるものだったりすると、改善は難しいのかもしれません。

男性ホルモンに関係する飲み薬もありますが、やはり効果には個人差があると思います。

薄毛専門のクリニックのようなところに行くと、専門的に視てくれるのかもしれませんが、決して安い価格ではないでしょうから、そこがネックかもしれません。

それなら、自宅出来る対策として、育毛剤や頭皮用の何かを塗っているほうがいいのかもしれません。

それで効果が出るかは分かりませんけどね。

育毛剤でしたら、男性なら塗りミノ(育毛剤)などもありますので、いろいろと試してみるのもいいでしょう。

やっぱり男性でしたら、ミノキシジルとかフィナステリドあたりが定番のようですね。

コロナ渦で薄毛のあり方も変わりそうな予感

2020年初めから続くコロナ渦で、ストレスが増えてる人も多いと思います。

ストレスが薄毛の原因になりえることはあると思いますが、なかなか抜け出せない中、リモートワークをしている会社員の人も少なくないと思います。

人と会う機会が減ってくると、ふとこんなことを考えたりしませんか。

人と会わないなら、別に薄毛でもあまり関係ないかも、ということです。

ZOOMのようなオンラインツールで話すことがあっても、少々の薄毛はそこまで目立たないかもしれません。

これからアバターを使うようなコミュニケーションが増えてくると、外見にそこまでコンプレックスを持たなくてもいいようになってくるのかななんて勝手に想像しています。

今月、緊急事態宣言も解除され、いよいよもうすぐ飲食店の時短営業も条件はあるものの解除はされるようです。

ストレスが減ることで、頭髪にはいいのかもしれませんが、人と会う事でストレスが増えることもありそうです。

個人的に最強だと思うのは、見た目のことはどうにも出来ない部分もあるので、諦めるというか受け入れることが出来たら強いだろうなと思います。

人前を気にしすぎると、それがストレスになるでしょうから、薄毛の悪循環になりそうです。

薄毛が気になる、それがストレス、そのストレスが原因で薄毛が進行するといった流れです。

どうにかそれは避けたいものです。

やっぱり趣味を持ったり、自分の楽しみに没頭できる時間を持っていると、ストレス対策とかメンタルヘルスにもいいでしょうね。

今回は、薄毛をテーマにしましたが、見た目のコンプレックスに繋がることとしてストレスがあるとは思いますが、そのストレスを作るのが症状だったりするんです。

シミやシワもそうですよね。

シミが出来てしまうと、そればかりが気になってストレスになるとかね。

ニキビや肌荒れでもそうでしょう。

きっと、これからの時代、もっとたくさんのストレスを抱えることも出てくると思います。AIが当たり前になってきても、やっぱり人の心を癒せるのは人なんじゃないかなと思います。

コミュ力を上げる方法もありますので、薄毛対策のためにも、人との関わりについて強くなっていきたいと思います。