仕事のストレスはタバコで減らせる?禁煙でむしろストレス解消へ

仕事のストレスはタバコで減らせる?禁煙でむしろストレス解消へ

なぜタバコを吸うのか?

  • それはストレスを解消できるから
  • イライラを落ち着かせることが出来るから
  • 仕事のストレスの対処法だから

ところが、実は、タバコを吸うことがストレスを生み出している。

という話を聞きました。

つまり、禁煙することで、ストレスを減らすことに繋がるということなんです。

先に紹介しておきますが、禁煙補助薬で言うと、チャンピックスなどもあります。自分だけでしようとするとなかなか大変でも、こういう薬を利用するのも一つの方法です。

最初はチャンピックススターターキットから始めることもできます。

詳しくはリンク先を読んでいただくとして、まずは、仕事とストレスのことをまとめていきます。

仕事にストレスはタバコで増える

元喫煙者の私としては、タバコを吸いながら仕事をしていたこともありました。

休憩時間と称して、よく喫煙していました。喫煙しない人からすると、なぜあの人達は休憩が許されるか、という目で見られることもありました。

ある意味、喫煙者の特権かのように、当たり前のようにタバコを吸っていたんです。

では、なぜタバコを吸っていたのか?

それはイライラを解消できるから。ストレスを減らせるから。

と思っていたんですが、どうやらそうではないようなんです。

喫煙がストレスを生み出している

タバコを吸うと、体内にニコチンが入ります。ドーパミンが放出され心地よくなります。

ところがそれは長時間続きません。

30分もすれば切れてきます。

そうなるt、ニコチンがなくなってきた離脱症状から、今度は、喫煙したいというストレスが生まれます。

つまり、根本的なストレスを解消しているのではなく、ニコチンを入れたり減ったりを繰り返す中で、ストレスを解消したり増やしたりしているだけのようなんです。

これは、肉体的な症状のことです。

もう一つ。タバコがストレスになっていたのでは、と思う経験があります。

それは、タバコはいつでも吸えるわけではない、ということです。

それこそ何十年も前なら、ある程度どこでもタバコを吸えていました。

昔なら、飛行機や電車でも吸えていたらしいですね。さすがにその頃のことは知りませんが。

例えば、ショッピンモールに行き、タバコを吸いたくなった。でも吸える場所がない。

もうその時点でイライラ発生です。

なぜなら、我慢しないといけないから。我慢はイライラに直結しますよね。

それもニコチンが切れてきてるから、そっちのストレスもあるわけです。

そのイライラ状態は、何分か何時間か分かりませんが、タバコを吸えるまで続くわけです。

タバコでストレス解消というのは、ほんの一時的なことなんでしょうね。

喫煙がもたらすメンタルヘルスへの悪影響

私の場合はですが、先ほどの例からも分かるように、吸いたいけど吸えない状況が続くことによる、ストレスはとても大きかったです。

ところが、実は、タバコの影響あもっと幅広くて、メンタルヘルスにも影響があるそうです。

うつや不安障害などですね。

そして、その影響は本人だけでなく、周りの人への害、スメルハラスメントにも繋がります。

ストレスを生む喫煙は周りにも波及

受動喫煙という言葉が根付いたのは、何年くらい前からでしょうか。

私は吸っていたころは、まだあまり耳にしなかった気がします。

タバコを吸っている人の近くにいて、その煙草の煙を吸ってしまうこと。

これは、振り返ってみると、多くの人にしてしまっていたなと思います。

部屋の中はもちろん、外でも吸うことはありましたので、煙が知らない人のところへいく、なんてことは頻繁にありました。

吸わなくなってから、歩きタバコをする人が目につくようになりました。

受動喫煙の面でもそうですし、直接タバコが誰かに触れる危険性もありますので、歩きタバコが早くなくなることを願っています。

禁煙補助薬の効果

禁煙補助といえば、ニコチンガム、ニコチンパッチ、バレニクリンなどがあります。

有名どころでいえば、ニコレット、ニコチネルなどがありますね。

チャンピックスなどは禁煙成功率が高いようです。

一人で禁煙できる人もいるでしょうし、禁煙外来で上手くいく人もいると思います。

趣味に没頭して禁煙に向かう

私が一番タバコを吸っていたときは、環境としては、周りの人達もみんな吸っている、そしてデスクワーク。その席で吸うことを許されているという環境でした。

こういう環境って大きいと思います。

喫煙していたものとしては、吸いたくなる時と吸いたくならない時があったなと思います。

吸いたくならない時というのは、何かに没頭してた時。

一人で没頭できる趣味に打ち込んでみるのもいいでしょう。

外で、体の中からニコチンを出せそうな、汗をかくスポーツの趣味もいいでしょう。

もし、ストレスを感じててタバコに意識が向いているなら、他の楽しい趣味に意識を向けることも大事なのではないかと思います。

一人で没頭できる趣味を見つけて、ストレス発散するのもいいでしょう。特に30代、40代、50代になってくると、仕事の重圧も増えてくるでしょうからね。

一人でできる趣味もいいですが、人とかかわれる趣味もいいですね。

例えば、オンラインで楽しめる趣味はテレワークや在宅ワーク時のストレス解消対策にもなります。

最近はzoomを使ったお茶会やオンラインの飲み会なども行われていたりします。そういう会に積極的に参加してみるのもいいでしょう。

そうなってくると、人との関わりについて、例えば、コミュ力おばけの趣味はどうでしょうか。人間関係を磨ける趣味でおすすめはをまとめています。

人間関係でストレスを抱えることも多いでしょうからね。

むしろ、コミュニケーション力を上げるために何ができるかを考えてみるのもいいのではないでしょうか。