瀬戸大也さんへのネット批判と馬淵優佳さんのTVでの発言に思うこと

瀬戸大也さんへのネット批判と馬淵優佳さんのTVでの発言に思うこと

東京オリンピックが始まってから、金メダルだ、銀メダルだ、銅メダルだ。

嬉しいニュースを毎日目にすることがある一方で、相変わらず、SNSでの誹謗中傷についてのニュースも連日取り上げられていますね。

この件については、私なりに色々書いてきたんですが、もう一つ、大きな話題になった「瀬戸大也さんへのネット批判」についても、私なりの考えを書いておきます。

妻である「馬淵優佳さん」のテレビでの発言も取り上げられたりと、何かと話題が尽きないですね。

オリンピック選手への誹謗中傷はどう対処すればいいのか?対策はあるのか?

瀬戸大也さんへのネットでの批判

SNSなりコメントなりで、瀬戸大也さんへの批判的なコメント、誹謗中傷は確かにすごかったんですよね。

もちろん、瀬戸さんのコメント「むかつきますけど」という言葉は、余計に反感を買った感はあると思いますが、それにしても、攻撃的な暴言は良くありません。

ただ、競技に対することって微妙ですよね。

昔から、プロ野球なんかでも、やじなんて飛びまくっていましたよね。

サッカーでもそうです。

競技に対する批判は、もちろん、誹謗中傷はダメですが、「もうちょっとこうしたらいいのに」みたいな意見は避けることは出来ないのではないでしょうか。

それさえも言うなというのであれば、好意的なことしか言うなってことになりかねません。

私としては、なぜ、「見ない」という選択をしないのかが分かりません。

時々「どうしても目に入ってしまう」というコメントも見かけます。

ニュースを見てると批判的なコメントが目に入ってしまう、というものです。

アスリートでもなんでもない私が言うのもなんですが、少なからずコメントを見て影響を受けるのであれば、「オリンピックが始まったら、スマホはコーチか誰かが預かる」ということは出来ないものかなと思います。

どう考えても悪循環ですからね。

だって、誹謗中傷でなくても、何らかの意見は届く可能性はあるわけです。

万が一、そのコメント、メッセージを見ることで、自分のメンタルがやられる可能性があるなら、どうにか見ないようにすることを考えるのも一つだと思うんです。

もちろん、誹謗中傷しないで下さいとお願いすることや、法律を整備することは大切ですが、それとは別に、選手もそうですし、芸能人の方や有名人の方は、どうしたら見ないですむかを考えることも必要な時期にきてる気がします。

SNSを辞めた芸能人の方もたくさんいます。

そういう方のニュースって、辞めたときは聞きますが、その後どうなったか、どういう変化があったか、どういうメリットがあったかというニュースは見かけません。

そういうニュースがもっと増えると、「じゃあ、私もSNSは辞めようかな」という判断材料にもなると思うんです。

テレビタレントの方も、オリンピック選手への暴言や批判について、「やめてほしい」といったコメントをテレビでもされていますが、では、政府批判はいいのか?という話にはならないんでしょうか。

信憑性がない情報や切り抜いた情報を元に、誰かを叩いたり、テレビメディアはしていないと言えるでしょうか。

不倫したタレントをワイドショーで取り上げて、一斉に叩くのはどうなんだろう?という気持ちもあります。

私としては、ぜひ、「SNSを辞めた人達」というテーマで、テレビやメディアで取り上げてもらいたいなと思います。

今回のオリンピック選手の中でも、きっと、これは憶測ですが、オリンピック期間中は、スマホを一切見ていない、という人もいるような気がするんです。

そういう「SNSと上手く付き合ってる人」をもっと特集して欲しいなという願望です。

私は、SNSで個人的な発信をしていないので、こういうトラブルはありませんが、むしろ、無駄に長時間SNSをみてしまうという、危険な状況です。

自分自身、SNSを上手く使いこなせていると、時間をうまく調整できているかというとそうではありません。

ある種、スマホ依存症っぽいところもあります。

今回の誹謗中傷の問題とは違いますが、SNSとかスマホって何かとトラブルを生みかねないものだと思うと、頭が痛いです。

最後に話を戻しますが、私としては、瀬戸さんも馬淵さんも、頑張って欲しいなと思います。だからこそ、SNSとの距離感だったり向き合い方のお手本になるような、何かいい立ち居地になっていただけたらなという勝手な願望を持っています。

やっぱり影響力は大きいですからね。