まつ毛貧毛症で短い、細い、少ないの?ビューラー、エクステでまつ毛へ負担

まつ毛貧毛症で短い、細い、少ないの?ビューラー、エクステでまつ毛へ負担

まつ毛貧毛症とは何でしょうか?

今日は美容コラムです。

文字から推測できますが、まつ毛が短い、細い、少ない症状を「まつ毛貧毛症」というそうです。

気付いたら、以前よりまつ毛が短くなってたり、細くなってたり、少なくなっていると感じたら、それは「まつ毛貧毛症」かもしれません。

まつ毛貧毛症の原因は?

まつ毛貧毛症の原因は色々あるようです。

加齢による原因もあるでしょうね。

髪の毛もそうですが、まつ毛にも生えかわりサイクルがありますが、生えようとする力、伸びようとする力が衰えてくれば、まつげの元気がなくなってくるのも納得です。

あとは、何か飲み薬を服用していてその副作用であったり、アトピー性皮膚炎などが原因でも起こりえるようです。

そして、もう一つは、まつ毛のケアだったりまつ毛のオシャレをしようとして、酷使して、それが原因でまつ毛に元気がなくなっていくケースです。

マツエクなんかがそうですよね

接着剤を使うわけですから、まつ毛の成長に良くはないでしょうあとはビューラーですね。

直接まつ毛を痛めつけるようなものですからね。

つけまつ毛もそうですし、マスカラもそうですね。

まつ毛を可愛く見せたい、長く見せたいといった願望からしていることが、逆にまつ毛の負担になっていて、まつ毛貧毛症の原因になっていることはありえると思います。

まつ毛貧毛症の対策は?

まつ毛貧毛症の対策はというと、そういうまつ毛を酷使する習慣をやめるか減らすかすればいいわけです。

まつ毛への負担と酷使をやめていくことで、健康なまつ毛が生えてくる可能性があります。

グラッシュビスタ(R)というまつ毛育毛剤を使う

まつ毛貧毛症治療薬というものがあり、皮膚科や美容外科で処方してもらえます。

日本で厚生労働省の承認を受けているのはアラガン社の「グラッシュビスタ」だけのようです。

医療用医薬品ですので、楽天やアマゾンで購入できる化粧品としてのまつ毛美容液とは当然効果が違います。(医薬品タイプはまつ毛育毛剤などとも呼ばれています)

まつ毛美容液はまつ毛が伸びる効果があるのではなく、まつ毛のこしやはりに良いですよという程度らしいです。

その点、グラッシュビスタは、世界の国で承認されている医薬品です。

主要成分がビマトプロストなのですが、この成分の効果により、まつ毛の育毛に効果があるということです。

医薬品ですから副作用はあります。

まぶたの黒ずみだったり、目の周り付近が多毛になったりですね。色素沈着もあるみたいです。

その他にも副作用としては何が起こるか分かりませんので、医師と相談しながら使うのがいいでしょう。

ただ、決して価格は安くありません。

クリニックによってかなり値段は違うようですが、私が見てる限りでは10,000円ほどしていました。

それに診察料もかかるわけですから、なかなかの出費です。

また、この手のまつ毛育毛剤は使うのを辞めると元に戻るということなので、まつ毛のボリュームを維持するためには、とにかく継続しないといけません。

そこでもう一つの選択肢として、海外製のまつ毛育毛剤で日本で承認されていないものを使うという方法もあります。

まつ毛育毛剤ルミガン

アラガンのまつ毛育毛剤ルミガンという商品があります。

ルミガンは日本の病院でも処方してくれるところはあるようですが、値段が高いようです。

そこで、個人輸入で取寄せる方法も選択肢の一つです。

とはいえ、自力で海外から医薬品を取寄せるのは偽物を掴まされるリスクがあります。

偽物とは何かというと、模倣品といいましょうか、パッケージは似てるけど、実際の中身が違うもののようです。

個人輸入代行サイトとして調べてみると、アイドラッグストアーやオオサカ堂などが出てきます。

レビューが多いサイトを選ぶほうが安全で安心できますよね。

ルミガンでしたら、価格は変動するとは思いますが、1箱で3,000円ほどで購入できるようでしたので、それを考えると、かなりお得ですよね。

副作用が出た時にあたふたしないように、詳しい知識を得ておきたいところです。

自己責任ということですからね。

まつ毛育毛剤ケアプロスト

ビマトプロストが入った医薬品で海外製となると、ケアプロストも人気のようですね。

人気があると思う根拠としては、やはりレビューが多いということがあります。

ネット上の口コミでの評判は様々です。

良い口コミもあれば悪い口コミもあります。

知名度で言うとルミガンよりは落ちると思いますが、値段は安いですね。

それをどう考えるかでしょう。

まつ毛貧毛症の治療は保険適用外らしい

まつ毛貧毛症は病院で処方してもらえますが、保険適用外らしいです。

だから高いんでしょうね。

そういえば、プロペシアという男性向けのAGA治療薬も保険適用外って誰かが言っていました。だから安くないって。

このあたりの制度がよく分かりませんが、全額自費診療となると、財布に厳しいですよね。

確かに、薬とはいえ、健康目的とは言えないからなんでしょうか。

プロペシアが高いから、海外のフィンペシアやフィナロイドを購入するという意見も見たことがあります。

このあたりに考え方や価値観は人それぞれですよね。

まつ毛貧毛症まとめ

まつ毛貧毛症といっても、原因がはっきり分からないので、可能性のある原因を減らしていくことが大事ですよね。

グラッシュビスタ(R)にしても、ルミガンやケアプロストにしても、どれにするにしてもお金がかかることです。

お財布と相談しながら対策を考えたいですよね。

最初の話に戻りますが、まつ毛が抜ける原因がもし何となくでも分かるなら、まずはそこから対策ということが大事なのだと思います。

いくらまつ毛育毛剤を塗っても、毎日ビューラーで相当なダメージを与えていては効果が出ないことも考えられるからです。