ミノキシジルタブレット(ミノタブ)とフィンペシア併用で効果は?通販購入なら

フィンペシアとミノキシジルタブレット(ミノタブ)併用で効果は?通販購入なら

僕のように薄毛が気になったことがある人なら「プロペシア」は知ってる人も多いでしょうね。

プロペシアは実際に僕も飲んでたんですが、ちょっと値段が高いこともあって、知り合いから聞いた「フィンペシア」を飲み始めたんです。

成分としては「フィナステリド1mg」ということですので、効果も同じだろうと感じています。

フィンペシアだけでも薄毛に効果はあったと思いますが、もっと効果を体感できるのが「併用」です。

フィナステリド1mgが入ったフィンペシアと併用するなら、「ミノキシジル」が人気ですね。

今回は「フィンペシアとミノキシジルタブレット(ミノタブ)の併用」について書いていきます。

まずはどこの通販で購入するのがおすすめか?

↓個人輸入代行サイトでしょうね

個人輸入代行サイト以外でも購入できるかもしれませんが、価格とサイトの安心感で考えると、もう選択肢がありません。

ではスタートです。

フィンペシアとミノキシジルタブレット(ミノタブ)のセットは個人輸入代行サイト通販

結論から言うと「個人輸入代行サイト」の通販で購入するのがおすすめです。

プロペシアの発売以来、薄毛改善のための育毛方法の一つに、飲む育毛剤なるものが加わりました。塗る育毛剤ならフォリックスで決まりでしょうね。(塗りミノ個人輸入通販でできます。)

それまで、リアップなどの育毛剤が主流で、サブとしてサプリメントやシャンプーで頭皮の環境を整えたり栄養成分から育毛のアプローチをしようとしたりもありました。

医薬品の飲むタイプのAGA治療薬が登場してから、選択肢が増えましたね。

フィンペシアもそうですし、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)もそうです。

私としては、どちらか一つでもいいような気もしますが、発毛効果を期待して、2つを併用しようとする人も多いんです。

ということで、今回のテーマはこちらです。

フィンペシアとミノタブ(ミノキシジルタブレット)の併用で効果は高まるのか?

徹底的に調べてみましたので、ぜひご参考にどうぞ。

結論!フィンペシアとミノタブ(ミノキシジルタブレット)の併用は良い?悪い?

最初のうちは、どちらが良いとは言えませんが、どちらか一方だけの服用をおすすめします。

フィンペシアかミノキシジルのどちらかをおすすめする理由

なぜ最初は、併用をおすすめしないか?というとやはり副作用のリスクです。

フィナステリド含有のフィンペシア、ミノキシジル含有のミノタブ、どちらも医薬品ですので当然副作用はあります。

この飲み合わせによって副作用が大幅に増すというより、可能性として何が起こるか分からないとう怖さのほうが強いです。

トータルの育毛を考えた場合、そこまでの副作用のリスクを犯すくらいなら、フィンペシアかミノキシジルのどちらかにしておいて、それ以外のシャンプーや育毛サプリメントや育毛剤なども総合的なヘアケアをしたほうが良いと思うからです。

フィンペシアに含有されるフィナステリドと併用が禁止されている薬はないようですが、飲み合わせに注意が必要な薬はあるようです。

ミノキシジルも同様に飲み合わせに注意が必用なものにアルコールやイブプロフェンなどがあります。

ということは、フィンペシアとミノタブを併用して飲む場合、それぞれに飲み合わせに気をつけないといけないものがあるわけですから、それを考えるだけでもストレスにもなります。

実際は、併用してもそこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが、このどちらか一方だけでの効果でもかなりのものだと思っています。

もし一方を飲んでて全く育毛効果を感じられなかった場合、もう一方を試すでもいいんですが、ぜひその前に、他の選択肢、シャンプーやサプリメントや育毛剤や発毛剤なども使ったうえで追加すればいいのではないでしょうか。

決して、併用で効果がない、ということではありません。恐らく、効果は高くなると思います。それでも、最初から併用してしまうと、万が一、体調が悪くなったり副作用が出た時に、一旦両方をやめることになると思います。

そうなると、次の対策が出来ません。

ですので、最初は、まず一つ飲んで見て、大丈夫でしたら、次はもう一方としたほうが、いいのではないかと思います。どちらも大丈夫でしたら、併用を続ける。そんな飲み方もありだと思いますが、あとは自分で工夫することがおすすめです。

特にミノキシジルタブレット10mgとなるとかなりの量ですから、副作用が心配な部分もあります。

フィンペシアとミノタブ(ミノキシジルタブレット)は効果がそもそも違う

フィナステリド含有のプロペシアやフィンペシアと、ミノキシジル含有のミノタブでは、そもそもの効果が違います。

フィナステリドの場合は、DHTを生成する5αリダクターゼⅡ型を抑制する作用があります。

ミノキシジルの場合は、血管を広げることにより、髪の毛に必用な栄養素を毛母細胞に送りやすくします。

つまり、作用が異なることから、この2つの組み合わせをしようと考えるわけですね。

確かに理論で言えば、この2つの商品によって、髪の毛は生えてきそうです。

案外この2つの効果の違いを理解していない方も多いようですので、効果についてはまた次の機会にブログに書いていきます。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックではない?

よく目にすることがあると思いますが、フィンペシアのことをプロペシアのジェネリックと紹介しているブログもあるようですが、それは間違いのようですね。今の時点では。

ジェネリックというのは、特許期間が過ぎた薬と同じ有効成分のものを安く作るものですが、そもそもプロペシアの特許期間はまだ残っているわけです。(この記事を書いたのが数年前なので、正確な情報はお調べ下さい。)

ですので、フィンペシアは日本で承認はされていないけど、プロペシアに似たAGA薬のようなものです。

もちろんフィナステリド含有量が同じく1mgなので、プロペシアにはいくつかのパターンがあるはずですが、効果としては同じになるのではと個人的に思っています。

フィンペシアのような海外製のフィナステリド1mgでいえば、フィナロイドやフィナロがありますね。

フィナステリドとミノキシジルはどちらを先に購入するのがおすすめ?

先ほど、フィンペシアとミノタブの併用はおすすめしないと書きましたが、ではどちらから飲むのがいいのかということですが、答えはフィンペシアが先でしょう。

もちろん、自分の薄毛の原因を把握していれば、それを考慮して選択すればいいのですが、なかなかそこまで分かりようがない部分もあります。

男性の薄毛、私の場合はそうですが、やはり5αリダクターゼが邪魔してるような気がしてたので、私はフィンペシアから買いました。それで効果は感じられたので、私にはそれで良かったんだと思います。

効果がいつから出るかは分かりませんし、やめたらどうなるかも分かりません。

大切なことは継続することと、他の育毛手段も取り入れることでしょう。

特にストレスによって薄毛が進行することもあるようですから、飲み忘れのないように毎日ケアしていきましょう。

単独で飲むのをおすすめしてきましたが、あくまで私の場合はですから、併用してる人の中でも口コミを見てると、即効性の効果を感じながらも副作用はないという人もいます。

最終的に決めるのは自分です。

じっくり考えられたらどうでしょうか。

フィンペシアでも薄毛が進行したらどうする?

フィンペシアを飲み始めても、いつまでたって薄毛が進行してると感じるかもしれません。

どのくらいの期間で育毛効果を実感できるかは個人差がありますし、人によっては、全く効果を感じられなかったけど、薄毛の進行をくいとめて維持してくれてるくらいには効果があったと思っている人もいます。

それならまだしも、フィンペシアを飲んでも、ミノキシジルを飲んでも、どんどん薄毛が進行してくると、果たしてこのままでいいのだろうかと思うようになるかもしれません。

一つの目安は私の場合は6ヶ月でした。その期間を目安に、もし効果が分からなかったら、別の飲み薬を試してみるという感じでした。

諦めたら終わりなので、地道ではありますが、あまり気にしない程度にがんばっています。

フィンペシアもフィナロイドもフォリックスも個人輸入代行サイト通販で購入

僕が一番最初に海外製の育毛剤や医薬品を購入したのは個人輸入代行サイトからでした。個人輸入代行サイトになるんですが、そこでまず買ったのが知人から薦められたフィンペシアでした。前からプロペシアを飲んでいましたが、そのジェネリックが安いということでフィンペシアを購入し、そこからフォリックス育毛剤を買いましたね。

リアップもかなりの年数使いましたが、はっきりした効果を体感できなくて嫌気がさしてたところ、ミノキシジルが高含有なフォリックスを見つけたんです。最安値は個人輸入代行サイトでしたね。

フォリックスは、塗りミノキシジルの一つで、日本製で多い5%濃度よりも、もっと濃度の濃いものがあります。

一番濃いので、フォリックスFR16の16%ですね。その次がFR15、そしてFR12と、その数字によって濃度が分かるようになっています。

人気だけでみると、たぶんですが、フォリックスFR15(塗りミノキシジル)通販ですね。

FR16も人気なのですが、クリーム状でどろっとしてるので、中で固まることもあるんです。このあたりは、好みかもしれませんが、いずれにしても、海外製だからこそのミノキシジルの濃度ですからね。

使ってみる価値はあると思います。ここまできたら、趣味ですね。