趣味でも使える!ZOOMブレイクアウトルーム(セッション)を使いこなす!無料で使える超便利機能

趣味でも使える!ZOOMブレイクアウトルーム(セッション)を使いこなす!無料で使える超便利機能

ブレイクアウトルーム(セッション)って便利?

使いこなせたらめちゃ便利です、続きをぜひ

  • ZOOMブレイクアウトルーム(セッション)を使ってみたレポ
  • オンライン(ZOOM)でスピーチ会を開催するなら知っておきたい機能
  • ブレイクアウトルーム(セッション)は慣れるしかない

Zoomの使い方も人それぞれですが、Zoomを使って、趣味のオンライン飲み会をする、勉強会をする、セミナーをする、講座をする、授業をする、といった場合に、使いようによってはとても便利なのが「ブレイクアウトルーム機能」です。

先に書いておきますが、まだこの機能を使いこなせていません。

ただ、どうしても使いこなしたい機能なので、先にページを作りました。

これから、Zoomを使うたびに、このブレイクアウトルームを試していきながら、このページも追記していきます。

Zoomブレイクアウト機能の特徴

まずは、現時点で把握してる、zoomブレイクアウト機能の特徴を箇条書きで書いていきます。

  • ブレークアウトルーム機能は無料版でも使える
  • ブレークアウトルーム機能はPC版のみでスマホからはコントロール出来ない
  • 初期設定ではブレークアウト機能はOFFになってる
  • ベーシックプランでは、参加者総数が3名以上のミーティングの時間が40分間に制限される
  • 最大で50のブレイクアウトルームを作成できる
  • 1つのブレイクルームに最大で200名が参加できる
  • ブレークアウトセッションは自動か手動で参加者を割り振れる
  • ブレイクアウトルームを開けるのはホストだけ(共同ホストを作れるのは有料版)
  • ホスト以外は他のグループに自由に入退室できない
  • ホストは各グループ(小部屋)を自由に出入りできる
  • ホストは各グループの全員に対してメッセージを送ることが出来る

Zoom無料版でブレイクアウトルームは使えるんです

Zoomは無料の基本プランと3つの有料プランがあるんですが、ブレイクアウトルームは無料の基本プランで使うことが出来ます。

  • 基本(パーソナルミーティング)
  • プロ(小規模チーム)
  • ビジネス(中小企業)
  • 企業(大企業)

僕も最初は有料プランでしか使えないと思っていたんですが、無料プランで使えます。

ただ、後ほど出てきますが、無料プランでは、40分間しか使えないことと、共同ホストが使えません。ブレイクアウト機能含め、使い方によっては有料プランにしたほうが良さそうです。

とりあえず、今のところ基本プランで使用しています。

ブレイクアウトルームはPC版でしかコントロール出来ない(スマホでは今は無理)

ブレイクアウトルームは、iphoneやアンドロイドのスマホからは操作が出来ないようです。設定自体が出来ません。

ですので、ブレイクアウトルームを使う場合は、パソコン版を使うことになります。

ブレイクアウトルーム設定編(初期設定はOFFなんです)

ブレイクアウトルームを使うには、設定が必要です。(初期設定はOFFになっているため)

今日のところは以上です。

こういうのは実際に使いながら慣れるしかないでしょう。

なお、このブレイクアウトルームの記事を書いたのが、2020年5月の頃なので、設定や機能面ではすでに変わっている部分もあるかもしれませんので、公式サイトから確認して下さい。

オンラインの趣味に欠かせないZOOM

2020年のコロナ渦以降、オンラインで楽しむ機会が増えている、という人も少なくないと思います。

オンラインで楽しめる趣味5選【テレワークや在宅ワーク時のストレス解消対策にも】

家でできる趣味、一人で没頭できる趣味があると、ストレス解消にもなりますよね。ものづくり、ハンドメイドなんかは特に人気があります。オンラインの趣味ではないですが、そういったものも、オンラインで同じ趣味を持った人同士が集まることもできます。

オンラインヨガのメリットとデメリット【zoomとスタジオと動画でのヨガのやり方の違いは?】

zoomを使って、ヨガをする。昔なら考えられなかったことですよね。スタジオでヨガに参加するとはまた違った感じだと思いますが、自宅にいながら、ヨガのポーズをマスター出来るなら、大きな価値があると思います。

オンライン飲み会?新しい趣味は自宅から!ZOOM/LINE/Skype他

zoomといえばオンライン飲み会に使われることもありますよね。

居酒屋が今はあいていなかったりしますので、それぞれの自宅からオンラインで集まる。これからはもっと、こういう集まり方は増える気がします。

一方で、リアルなコミュニケーションに苦手意識を持っている人も増えるのではないでしょうか。コミュ力おばけになるには、日々の人との関わりが大切です。