趣味一覧!ランキング!おすすめの見つけ方

フリーランスの時間管理は「今日のやらないこと」を決めること

今日は時間管理のこと。

長期的なスケジュールのことじゃなくて、今日1日何をするか?

そんな1日単位の時間管理のこと。

会社に勤めていた頃は、まず何をするかというと、「しなければいけないこと」をしてました。

もちろん、働いているうちに、自分で考えて何をするかを決めていた時期もありましたが、やはりしないといけないことのほうが、僕は多かったかな。

では、フリーランスになった今はどうか?

僕のように一人ぼっちなフリーランスは、誰に何を言われるわけでもなく、カフェを開きたい!って思ったり、新しい教室を開講したいって思ったり、やりたいと思ったことに向かって進むのも自由なわけです。

そういうことを頭の中で考えていると、ワクワクはするけど、行動する時間が減ってくる。

行動ばかりだと、ワクワクと想像する時間が減ってくる。

もうやることだらけで、のんびりしてたら、あっという間に1日が終わってしまう。

そして、在宅ワークにはさらなる誘惑が待っていたりするわけで。

ネットサーフィンにYouTubeに美味しいもの。

あ、まだまだあるある。

だから、その日に「何をするか?」、いわゆる「やることリスト(To Do List)」ってやつを作るのがいいんじゃない?って話しになるんです。

そうすれば、その日にしないといけないことは明確になり、効率的に時間を使えるよねって話し。

「やることリスト(To Do List)」でうまくいってる人は、この先は読む必要ありませんよ♪

ここでは、僕のような在宅で仕事をしてるフリーランスだけじゃなく、なかなか自分の時間管理がうまくいってないって人や、ついついやらないほうが良かったことをしてしまうことがある人、の参考になればと思います。

もちろん、時間管理に正解はありませんので、参考の一つに読んでいただけたら嬉しいです!

とにかく気が逸れる思考をどうにかしたい!

なぜこれほど気が逸れるのか?

僕の集中力のなさはかなりなものなんです。

パソコンに向かってしないといけない作業があるとして、それが1時間で出来る作業とします。

その間にしてしまうこと。

  • ネットサーフィン
  • youtubeで好きな動画見る
  • ギターの練習をする
  • 好きな本を読む
  • 過去や未来に意識が飛んで今ここにあらず
  • アプリでゲーム(数年前まで。今はしてない)

他にもある。

今までこの集中力が切れるのを防ぐために、試行錯誤はしてきた。

キッチンタイマーを使って、30分でタイマーが鳴るようにして、その間は集中しようと。それで最初はうまくいってたけど、結局続かず。

30分は長いと思って、時間を短くしても、やっぱり続かず。

それなら、「やることリスト(to do list)」を作ってみた。これも最初はうまくいった。

うまくいったというか、うまくいくようなことしか、リストに入れてなかったのかもしれない。

そのリストの中に、机を片付けるとか、書類を整理するとか、家事を手伝うとか、それは本当にその日にしないといけないことなの?ということも含まれていた。

なぜなら、やることリストの中の一つを達成するたびに、達成感を得ることができるから、簡単にできること(その日にしなくてもいいこと)も含めていたんだと思う。

でもそれでは、本当にその日にするべきことが達成できないことがあった。本当は一番最初にやらないといけないことを避けて、すぐにできることをしてたんだ。

やることリストが悪いのではなく、僕のリストの作り方に問題があったんだ。

つまり優先順位をつけていなかった。最優先にすること、その日に絶対しないといけないことから順番に始めるべきだった。

「やること」も何でもしようとするのではなく、その日にするべき少ないことだけをリストに入れることにする。

「やることリスト」についてはまた別の機会に書くとして、今回は「やらないことリスト」のことだけに絞ります。

毎朝の習慣に!

人はすぐに忘れてしまう。毎日膨大の情報が脳に入ってくるので、それは仕方ない。

でも、大切のことも忘れてしまうのは困ったもの。

だから、思い出す必要がある。よく、何かの勉強をするとき、大切なのは「復習」だという。これは間違いない。

忘却曲線だのなんだのを持ちだす気はないけど、復習が大事なのは言うまでもない。

これは「すること」「しないこと」でも同じ。

だから、この「やること」「やらなこと」を毎朝、復習しないとけない。

時間管理で参考にした書籍

時間管理について、何冊か参考にした本がありますので、その本を紹介してきます。

エッセンシャル思考

愛読書の一冊。

「99%の無駄を捨て1%に集中する考え方」と書かれています。

選択肢が多すぎるのに、全部やろうとしてしまうと、どれも中途半端になることもある。

だから、「絞ること」が大切だと書かれています。

時間管理を考える時に、おすすめの1冊です。