塗りミノは生え際のM字ハゲに効果ある?

フォリックス、フィナステリド、デュタステリド、塗りミノは生え際のM字ハゲに効果ある?

男性に多いハゲ方といえば、M字ハゲですよね。

AGAとう男性型の薄毛の症状としては、生え際が後退してくるこのM字ハゲが多いようです。

果たして、薄毛に効果がある商品はあるのでしょうか?

個人的には効果を感じているので、おすすめではありますが、口コミでは効果がなかったというレビューもあります。当然ですが、個人差があるものなんですよね。

今回は、塗りミノとしてフォリックス育毛剤、飲み薬として、フィナステリドやデュタステリドをみていきましょう。

M字ハゲって何?男性に多い後退の仕方

男性に多いですよね、M字ハゲってね。私もそういうタイプの減り方してました。

剃りこみ部分がどんどん薄くなってきて、若い頃やんちゃしてたわけでもないのに、やたらとハゲてくるんです。

男性型特有ですから、男性ホルモンが過剰なことが原因の可能性もありますね。

果たして、このM字ハゲを育毛剤で改善できるのかどうかってところですね。

M字ハゲに塗りミノとしてフォリックス育毛剤、飲み薬として、フィナステリドやデュタステリドは効果ある?

今回は、生え際の後退のことを書いていますが、やはり成分としてはミノキシジルの効果に期待したいところですね。

リアップで一躍有名になった成分ですが、リアップでも含有量が5%ですから、フォリックスFR16のミノキシジル16%というのは相当な量ですよね。フォリックスFR15でしたら15%です。

他のシリーズも同様に、ミノキシジルの濃度がそのまま商品名になっているようです。FR12、FR10、FR07、FR05、FR02といった感じですね。

私がフォリックスを気に入ってるというのもありますが、この16%ので効果がないなら、他の育毛剤、例えばミノキシジルが入っていないのとか、入っていても少量だったりするタイプで、M字ハゲが改善されるかというと、どうもそんな気がしないんです。

楽天とかアマゾンでも人気の育毛剤ってたくさんありますよね。プランテルEXとかチャップアップとかポリピュアEXとかですね。

値段をみても、フォリックスより高いんです。それも数千円もね。確かに、それぞれの育毛剤に有効成分というのが書かれていますが、M字ハゲを改善するほどの効果があるのか疑問はあります。

ジヒドロテストステロン(DHT)が原因になっている場合もありますし、血行不良といった頭皮の環境が原因の場合もあります。あとはストレスもあるでしょう。まあストレスは結果的に血行不良を招くことにもなりますから、同じようなものかもしれませんが、そういった要因も考えられます。

ストレス以外でしたら、喫煙も原因になりえますよね。チャンピックスのような禁煙補助薬も効果があるので、本気で育毛を考えるなら、禁煙するにこしたことはないでしょうね。

塗りミノ「フォリックスFR16」を使いながらマッサージをすると効果はある?

昔から、育毛のためにマッサージをすると血行がよくなるよみたいな話しはよく聴きました。もしかしたら本当かもしれませんが、どうも半信半疑なんです。別にフォリックスだからという意味ではなく、育毛剤を塗ってマッサージをすることで、血行はよくなるかもしれませんが、それが逆効果になりそうな気がしたりします。頭皮はかなり薄いものらしいので、頭皮にキズをつけてしまうこともあるでしょうし。ということで、私がしている育毛は、マッサージはいsていません。

最初はポラリスといった育毛剤とフィンペシア、今はフィナステリドだったり、亜鉛などのサプリメントとニナゾールといったシャンプーですね。この辺りをうまく組み合わせてなんとか育毛できないかと試みてるところです。

ミノキシジルタブレットでm字ハゲは効果あるのか

ミノキシジルタブレットは、今回紹介したものの中では、少し特殊なタイプになります。というのも、男性ホルモンに関しては、影響がないようなんです。血流をよくするということなんですね。

ですので、フィナロイド、フィンペシア、フィナロド、アボダート、デュタボルブといった商品とも、効果自体が違うようなんですね。

ミノキシジルタブレットも通販で購入できますし、飲み方も特別なことはありませんが、量を調節するために、割る飲み方もあります。半分とかさらに半分とかにする方法なんですね。

M字ハゲに効果があるかは分かりませんが、評判はいいですね。

ただ、副作用には気をつけたいところです。

最後に、ストレスのことも育毛に関係あると、よく見ますが、やはり、普段からどれだけ気持ちを楽にしていられるかってのは大事だなと思います。

笑うこと、泣くことで、ストレス解消にも繋がるようですね。

今年もTHEWが開催されるそうなので、また笑える機会が増えて嬉しいところです。「女芸人No.1決定戦 THE W 2021」、早いものでもう5回目なんですね。知らなかったです。