ミノキシジルタブレットの量を減らすために割る飲み方で効果は?

ミノキシジルタブレットの量を減らすために割る飲み方で効果は?

ミノキシジルタブレットの飲み方っていろんな意見があるので、戸惑うかもしれません。

やはり飲みすぎは良くないですが、少ないのはどうなんでしょうか?

ボトルタイプでしたら、2.5mgと5mgと10mgのがありますが、果たして、どの量を飲めば自分の薄毛に効果があるのか?ということです。

多ければ多いほど効果があるということではありませんし、飲む量によっては副作用も怖いですよね。

ミノキシジルタブレットの購入については、こちらに詳しくまとめていますので、そちらをご覧下さい。

では、飲む量について解説していきます。

ミノキシジルタブレットの摂取量について

ミノキシジルタブレットは個人輸入代行サイトから購入できます。

私が見たときは、ボトルタイプでは、2.5mg・5mg・10mgの3タイプありました。シートの場合は、2.5mgはなかった気がします。

そして、それぞれを1日に1錠飲むのがオーソドックスな飲み方になるんです。

問題はその飲む量です。

よくあるのが、半分に分割して、少量にして飲むという飲み方ですね。1錠を半分とかにピルカッターとかを使って割るんですが、これは恐らく推奨はされていない飲み方だと思います。

では、1日置きに飲むのはどうなんでしょうか?

1日置きに飲んでも効果があるにはあると思います。

もしかしたら、最初は毎日ではなく、1日に置きにするのも副作用のことを考えるといいのかもしれません。いずれにしても、飲みすぎなければいいのかなと思っています。

ミノタブの場合は、体毛が濃くなったりという副作用があるという話しもありますので、用心しながら飲むほうがいいでしょうね。

では、本題に戻って、以下の2点について考えてみましょう。

ミノキシジルタブレットの量を減らすこと

恐らくですが、ミノタブを10mgのまま飲んでいる人はそう多くないと思います。

5mgまでではないでしょうか。

2.5mgで飲んでる人もいます。

量を減らすこと、というより、個人的には、最初から、少ない量で飲み始めるのがおすすめです。

つまり、多くても5mgで、最初は2.5mgでもいいのではないかと思うんです。

というのも、ミノタブが体に合うかかどうかが分からないからです。

まずは少ない量から飲むことがおすすめなんですが、では具体的に何mgのがいいか?ですが、こういう意見もあります。

一番少ない2.5mgのミノタブを割る。そしてもっと少ない量で飲んでも効果がある、という意見です。

ミノキシジルタブレットを割る飲み方のこと

何度も言いますが、飲み方は自己責任ですし、効果についても、個人差があるので、一概に、この飲み方がベストですとは言えないものなんです。

例えば、ミノキジルタブレットを割る飲み方のこと。

ちゃんとした飲み方ではないから、ダメですよという人もいれば、実際にその飲み方で調子がいい人もいるわけです。

結局は自分で決めるしかありませんが、個人的には、可能であれば、最初は2.5mgのを割る飲み方をしてみて、それで副作用と効果を試してみるのもいいかなと思っています。

フィナロイドやミノキシジルタブレットにリバウンドある

では、フィナロイドやミノタブを飲んでて、飲むのをやめるとリバウンドがあるのかどうかという点ですね。

リバウンドという表現があっているのかどうか分かりませんが、当然飲むのをやめると、効果はなくなりますので、薄毛はすすむでしょう。

考え方としては、完全にやめるのではなく、それこそ、飲む量を減らすのも一つですね。

2日に1錠とか3日に1錠でも、飲まないよりは効果があると思います。

ミノタブやめても維持できる?

ミノキシジルタブレットを完全に飲むのをやめても、髪の毛を維持でるか?というと、それは無理でしょう。

もちろん、やめたその日から急激に抜け毛が増えるということは考えにくいですが、時間とともに抜け毛が増えてくるのは間違いないでしょう。

当然ですよね。

ミノタブを飲んでる時の効果が、飲むのをやめても効果を維持し続けるなんてことはありえないはずです。

ですので、一日置きでもいいので、飲み続けておくことで、維持しやすくなると思います。

色んな方法があるので、自分で考えてみるのがいいでしょうね。

ミノタブやめてフィナステリドだけにするという考え方もあるでしょう。

フィナステリドというのは、プロペシアやフィンペシアやフィナロイドに入っている成分です。

併用して飲む男性も多いんですが、やはり肝臓には負担がかかりますし、どちらかだけ飲んで、どちらかはやめるという選択肢もあることでしょう。

ミノキシジルだけやめる場合もあれば、フィナロイドだけやめるということもあるかもしれません。

迷いどころです。

ちなみに、今回は、内服薬だけを取り上げましたが、ミノキシジル塗り薬と併用することで、さらに効果も期待できそうです。

最後に、ミノキシジル塗り薬で人気の育毛剤をいくつかご紹介しておきます。

ミノキシジル育毛剤といえば、やはりフォリックスでしょうね。塗りミノとしてここまで人気なのは、やはりミノキシジル濃度の高さでしょう。

最大で16パーセントのFR16になりますが、その手前のFR15やFR12でも、日本製の塗り薬と比較するとかなり濃度が濃いですし、値段も安いんです。

まずは筆頭候補ですね。

次は、リグロースラボシリーズです。こちらも海外製のミノキシジル塗り薬ですね。最大で15パーセント濃度のまであります。

ミノが多いほうが効果があるのかは分かりませんが、やはり気になるところですよね。

ぜひ参考にしてみて下さい。

本日は以上です。