ルミガンの塗り方は爪楊枝はダメ!危険さがある爪楊枝より安全な方法がおすすめ

ルミガンの塗り方は爪楊枝はダメ!危険さがある爪楊枝より安全な方法がおすすめ

ルミガンの塗り方は爪楊枝はどうかというと、それはダメです。

理由は簡単です。

危ないからです。

安全に塗るには、やはりアプリケーターからおすすめの代用品にしたほうがいいでしょう。

少し解説していきますので参考にして下さい。

なお、ルミガンの情報についてはこちらにまとめています。

ルミガンの塗り方で爪楊枝が危険な理由

ルミガンの塗り方で爪楊枝が危険な理由

ルミガンの塗り方で爪楊枝が危険な理由

ルミガンはまつ毛育毛剤です。

塗る場所は、まつ毛本体ではなく、まつ毛の生え際です。

この狭い部分に塗るのが難しくて、みんな塗り方を模索しているんですね。

当然、塗り方によって効果が違ってくるでしょうから、試行錯誤しながら最適な答えを求めているんです。

  • ルミガンはアプリケーターで塗るのがいい
  • ルミガンは代用品で塗るのがいい

まずはここで分かれると思います。

実際に専用のアプリケーターで調子よく塗っている人もいますから、それでしたらそれがベストな塗り方なのでしょう。

ただ、それでは上手く塗れないということで、代用品を求めることもあります。

代用品といえば、歯間ブラシや綿棒などですね。

こういった代用品も良し悪しあって、賛否あります。

そして、代用品の一つが爪楊枝なんですが、爪楊枝はyまえたほうがいいというのが、やはり危険だからです。

何が危険かというと、目を指してしまう可能性があるからです。

少しでも手元が狂ったら、黒目を突いてしまう危険性もあります。

そうなったら、まつ毛を伸ばすといかそいうい話ではなくなってしまいます。

ルミガンの塗り方は爪楊枝ではなく安全な方法で

ルミガンの塗り方はとにかく安全なことが最重要です。

ルミガンを綿棒で塗るのは危険と前に書きましたが、爪楊枝も危険だと思います。

仕事で疲れて帰って来て、風呂に入って寝る前にまつ毛の生え際に塗るわけです。

すでに眠気もあるかもしれません。

そんな状態で、爪楊枝にまつ毛の生え際にルミガンを塗るのは相当危険です。

では何で塗ればいいかですが、おすすめは、アプリケーターかゴム製の歯間ブラシです。

ルミガンの塗り方は爪楊枝より柔らかくすべるもの

ルミガンはまつ毛の生え際に塗るわけですが、柔らかい素材で塗るほうが安全でしょう。

ですので、歯間ブラシでゴム製のものがおすすめです。

薬局か100均に行けば売ってると思います。

それをすっとすべらせるように、ルミガンを塗っていくわけです。

アプリケーターで塗る場合は、私は毛を梳いて使っていた頃もあります。

ルミガンの塗り方は安全性優先であれば何でもOK

今回は爪楊枝を例に挙げましたが、結論としては、安全性を優先すれば、何で塗ってもいいと思っています。

ルミガンの塗り方はアプリケーターでも代用品でも何でもいいので、とにかく安全さは最重要だと思っておきましょう。

これはまつ毛育毛剤であれ、まつ毛美容液でも同様です。

ケアプロストでも、モデルアイズモデラッシュでも一緒です。

恐らくですが、ブログでまつ毛育毛剤を紹介してる人は、だいたいこの塗り方について詳しく解説されています。

それくらい、重要なことなんです。

塗り方に失敗して、はみ出して塗ってしまって、そこが色素沈着になってしまったという悲しい報告もあります。

色素沈着しない方法は、ルミガンの色素沈着はワセリンで対策などもありますので、動画でチェックしてみるのもいいでしょうね。

まつ毛が伸びる方法としては、おすすめなのがルミガンですので、ぜひ失敗することなく、上手く伸びてくれることを願っています。