趣味一覧!ランキング!おすすめの見つけ方

なぜそのセミナー(プレゼン)の満足度は低かったのか?

いろんなセミナーがありますね。毎日のように、あらゆる場所でセミナーが開催されています。

どんなお話しでも「セミナー」と括ってしまえば、何となく「役に立ちそう」「ためになりそう」、そんな話が聞けそうな印象もありますよね。

では、いざセミナーに参加して、どれほど満足できたか?って考えてみると、今まで「満足だった」と思えるものもあります。

ただ、そのセミナーがきっかけで、それ以来何か自分の中の習慣を変えることが出来たとか、何か新しく始めるきっかけになったとか、そこまでのセミナーって参加したことがないんです。

なぜか考えてみました。

共感と問題(不)の解決を求めているからこそお金を払う

僕はなぜ、セミナーや講座を今まで散々受講しきたのか?それを考えてみました。

お金を払ってセミナーを受講する理由は、大きく2つあります。

それが「共感」と「解決」です。

共感を得たい(したい)からセミナー(講演会)に参加する

人は「共感」したり、「共感」されたりすると、嬉しいものですよね。

セミナーや講演会に参加する時に、自分と同じ境遇の人の話しを聞くことがあります。

「わかるわかる!」といった気持ちで聞けるような話は、聞いていて心地よいです。

また、そういうセミナーの場で、自分が話せる機会があって、その話に、他の方から共感してもらえたら、それも心地よいです。

つまり、共感したり、共感されたりを求めて、お金を払うこともよくあります。

誰かのセミナーで、「過去の自分の辛かった体験談」を話してもらうとして、自分とその辛かった過去や、出来事が同じようなものだと、「分かる分かる!」という気持ちになって、嬉しくなったりします。

それが「共感」です。

共感にはお金を払う価値があると思っています。

問題(不)を解決したいからセミナー(講演会)に参加する

もう一つの理由。それが「問題(不)を解決したいから」です。

こちらの目的のほうが圧倒的に大きいです。

例えば、「プレゼン上達術」といったセミナーがあったとします。

そこに参加する目的は「プレゼンが上手になりたい」という目的があります。

その目的を達成できたり、できそうな方法を教えてもらえたりしたら満足できると思います。

ところが、通り一遍の内容で、「プレゼンとは?」とか「プレゼンの心構え」とか「プレゼン資料の作り方」とか、本を買えば載っていそうな内容だけを話されても、それでは満足が出来ません。

どうすれば満足できるかと言うと、そのセミナーを聞いた後に、「行動が変化」した場合であり、「行動が変化し続けた場合」に満足できると思うんです。

よくあるのが、セミナーを受けてる時は、ものすごく納得し、受けた翌日くらいまではモチベーションもあがっていて、プレゼンが上達した気にはなる。

ところが2日もたてば、日常の忙しさから、そのセミナーのことさえも忘れてしまう。

そんな経験が僕は何度もあります。

セミナーを受けて、出来た気になる。本を読んで、出来るようになった気になる。

そんな経験は数え切れないほどあります。

もちろん、僕にも責任はあります。

ただそのセミナーの内容にも改善点はあるのではないか?というのが今回のテーマです。

プレゼン(セミナー)には3つの目的がある

プレゼン(セミナー)の目的は3つ。

これは「マイクロソフトの伝説マネジャーの世界NO1プレゼン術(ダイヤモンド社)」に載っている内容です。

この3つのプレゼンのゴールを意識することは、とんでもなく大切だなと思います。

プレゼンのゴール

  • 聴いた人がハッピーになる
  • 聴いた人から行動(決断)を引き出す
  • 聴いた内容を他人に言いふらしたくなる

引用:「マイクロソフトの伝説マネジャーの世界NO1プレゼン術(ダイヤモンド社)」

今までモヤモヤしてたものが、この3つの言葉を見て、スッキリしました。

なぜ、今まで受けたセミナーに満足できなかったのか?

聴いてる時はハッピーな気持ちになっていました。出来る気がなっていますので。ビジネス書を読んでる時も一緒です。読んでる時は、僕は出来るぞってなもんで、嬉しい気持ちになっています。

人に言いふらしたくなる。これはいつもではないですが、だいたい誰かに言いたくはなります。

問題は2つ目のです。

「行動(決断)を引き出す」

これがないセミナーや講座が多いんです。

話す側は、もしかしたら、行動を促しているのかもしれませんが、その方法が明確でないんです。

だから、話を聴いてる時は楽しくなるし、その後に誰かに言いたくはなる。

でも、「行動には繋がらない」から、きっと僕は不満を持っていたんだと思う。

ただただ苦労話を聴いただけのセミナーに価値はあるのか?

僕が参加したセミナーで、過去にいろいろと苦労をしてきた人が、その苦労話しをされていました。

そんな大変な時期もあったけど、今はこうやって仕事をしていますと。

「で?」ってなるんです。

誰にだって苦労はあるだろうし、辛い時期もあるでしょう。

ではどうやって、その時期を乗り越えたのか?その方法やきっかけを知りたいんです。

それも具体的に。

「明日からこういう行動をして下さい」という感じでね。

それはプレゼンだろうとセミナーだろうと講演会だろうと、そこそこのお金を払っているわけですから、何か持って帰るものはあるほうがいいと思います。

ただ、「こんな辛い時期がありましたが、乗り越えれました」という話を聴くだけでは、どうもモヤモヤが残ってしまったんだと思います。

スピーチ会にも明確な目的を決めておく

それは僕が開催しているスピーチ会でも同様かと思います。

スピーチ会の目的は「人前で話す練習」ではありますが、どういう人が参加すると、どう変化できるのか。

そういう目的や変化を明確にしておいて、それを意識して参加してもらったほうが、得るものは多いと思います。

僕の場合は、人前で話す練習という目的はもちろんありますが、それとは別に「どう話すと伝わりやすいか?」「どの話しが皆さんが興味を持ってくれたか」といったことも、自分の中で学べる場だなと思っています。

参加いただく皆さんが、それぞれ、先ほどの3つのポイントに満足いただけるようなスピーチ会にしていきたいと思います。