趣味ブログで稼ぐ方法(体験済み)

バルーンアートを趣味に!作り方は簡単!必用なのは専用風船とポンプだけ

バルーンアートを趣味に!作り方は簡単!必用なのは専用風船とポンプだけ

【記事まとめ】
  • バルーンアートを趣味にすると楽しそう
  • バルーンアートを作るのは慣れると簡単
  • バルーンアート作りにわかりやすい動画をご紹介

風船でこんなの自分で作れるの?
作り方さえ分かれば簡単みたいですよ、まずは最後までどうぞ

ショッピングモールやイベントで、時々見かけるバルーンアート。

その場で作ってくれると、子供達は大喜び。

実は、作るのは簡単だそうです。

必用なのは風船とポンプ

あとはコツだけです。

バルーンアートを趣味にしておけば、いざって時に、役立つかもしれませんよ。

これに当てはまる方におすすめの内容です

  • バルーンアートのことを知りたい
  • バルーンアートの作り方を知りたい

では見ていきましょう!

バルーンアート作りに必用なもの2つ

バルーンアートに必用なものは2つだけです。

バルーンアート用の風船

普通の風船ではなく、バルーンアート用の風船を使います。

膨らますと、ゴムが均一に伸びるので、割れにくいんです。100均でも買えますし、アマゾンのような通販サイトでも購入できます。

バルーンを膨らませるポンプ

これもバルーンアート用のコンパクトなタイプがおすすめです。

バルーンアートの作り方

これは誰かに習わなくても、youtubeの動画を見ればできるようになると思います。

例えばクマならこちらの動画。

プードルの動画。

こちらは剣ですね。子供が好きそうな剣です。

こうやって動画を見ながら、実際にバルーンアート作りをしていくと、風船が割れてしまうこともあるでしょうし、失敗もあるかもしれませんが、少しずつコツをえていけば作れるようになることでしょう。

バルーンアートで人気は何?

バルーンアートで人気といえばこういうのかな。子供向けが多いでしょうから、分かりやすい動物とかが人気ですね。

  • くま
  • うさぎ
  • ハート
  • アンパンマン
  • 帽子

バルーンアートを趣味にするといいこと

バルーンアートは、お金がそれほどかかりません。100均ショップでポンプ付のも売っていますので、最初はそれでもいいかもしれません。

もうちょっと凝りたくなってきたら、ポンプもいいのを買うでいいですが、それでも1,000円台で十分楽しめます。

お子様に作ってあげるのもいいですし、お子様自身がバルーンアート作りを一緒にするのも素敵な楽しみな時間になるのではないでしょうか。

お誕生日会といったイベントに飾ると、子供達も喜びそうですね。

バルーンアートを仕事に活かせる?

バルーンアートを仕事にするのは難しいかもしれません。というのも、簡単に自分でも出来るようになりますから、教える側にまわるというのも、難しいかも。

ただ、バルーンアートが出来ると、イベントの仕事をする時に、役立つかもしれません。いざという時のために、バルーンアートをマスターしておくのもいいと思いますよ。

最後のアート系の関連ページをご紹介。

文字を美しく見せるための手法のカリグラフィー。案外初心者でも独学で出来るみたいですが、やっぱり最初は教室で学んで基礎を見につけるのもいいでしょう。本や動画でも学べますけどね。

チョークアートは、よくレストランのメニューボードとかにも使われているチョークで文字を描くアートというのか、その書き方というのか。仕事で使わないと、普段の趣味としてあまりチョークアートをする機会はないかもしれませんが、楽しそうですね。

最近は、年配の方だけでなく若者でも盆栽を趣味にするそうです。一種の芸術なんですね、盆栽って。

塗り絵やアートや芸術とは違うかもしれませんが、最近は認知機能のためにも大人の塗り絵も人気みたいです。集中できるのはいいですよね。

趣味の定番の一つはカメラでしょう。一眼レフのカメラを買わなくても、スマホの高機能カメラでも十分綺麗な写真は撮れますね。インスタもtiktokもスマホだけで全然いけますもんね。

バルーンアートも子供が喜んでくれる趣味の一つですので、他の趣味と組み合わせて、たくさん喜んでもらえるといいですね。

マジックも喜んでもらえる趣味の一つですね。