趣味一覧はこちら

「真珠の耳飾りの少女」のこと(マウリッツハイス(Mauritshuis)美術館のニュース)

「真珠の耳飾りの少女」のこと(マウリッツハイス(Mauritshuis)美術館)

以前に、美術館の趣味について書いたんですが、そこでも少しフェルメールのことに触れました。

私はフェルメールについては全く知識もなかったんですが、今日たまたま見たニュースで、フェルメールのことに触れられていたので取り上げました。

何か感想を書こうと思ったんですが、全然思いきません。

【真珠自体は「錯覚」】と書かれていますが、全くどういうことか分かりません。

情報の一つ一つが未知で理解が出来ませんでした。

フェルメールブルーというのは知っていますが、ラピスラズリ(瑠璃)がどうこういうのも分かりません。

美術館についてはこちらにまとめています。

マウリッツハイス(Mauritshuis)美術館ってどこ?

王立の美術館。アムステルダム国立博物館と並んで、オランダを代表する美術館です。

フランドル絵画も並ぶ。フェルメールの「真珠の耳飾の少女」や「デルフトの眺望」や「ディアナとニンフたち」も鑑賞できる。

場所は、アムステルダムから電車で1時間ほどのデンハーグという街にあります。

フェルメールのほか、レンブラント・ファン・レイン、ピーテル・パウル・ルーベンス、ハンス・ホルバインなどの名作も鑑賞できます。

美術館巡りの趣味は自宅からアプリでもWEBでも

コロナウィルスの関係で、美術館も閉館しているところばかりです。実際に観にいくどころか自宅から出ることもできないので、そんな時は自宅にいながら美術鑑賞するのもいいですね。

状況が落ち着いたら、巡りの趣味を再開すればいいでしょう。

Google Arts & Culture

登録されているミュージアムなら、館内やコレクションを閲覧できる。WEB版とアプリ版があるようですね。

やはり、実際に訪れるのがワクワクしますが、それまではこういったアプリやサイトで楽しむとします。