オリンピック選手や芸能人へのSNSでの誹謗中傷を考える

オリンピック選手や芸能人へのSNSでの誹謗中傷を考える

東京オリンピックが続いております。

開催するか中止するかの問題もありましたし、今でも、コロナ渦での開催の中で、色々な意見があることと思います。

今回は、前回に続き「SNSでの誹謗中傷のこと」です。

オリンピック選手への誹謗中傷はどう対処すればいいのか?対策はあるのか?

こちらでも書きましたが、それとは少し違う内容で、私なりの考えをコラムとして書いております。

SNSでの誹謗中傷問題は2つに分けて考える必要がある

現在は、東京オリンピックの最中ということで、オリンピック選手への誹謗中傷が問題になっていますが、オリンピックが終わっても、今度は対象が変わるだけで、これからもこの課題は続いていくことと思われます。

この問題については、2つに分けて考える必要があると思います。

  • 誹謗中傷を減らすためにどうすればいいか?
  • 誹謗中傷で心を痛めないために何をすればいいか?

みていきます。

誹謗中傷を減らすためにどうすればいいか?

いつからか分かりませんが、発信者と受信者の距離がどんどん近くなってきていると感じます。

昭和の時代。

日本の大スターと呼ばれるような俳優さん、女優さんと接点なんてまずなかったと思います。

ファンレターは送れたとしても、それはマネージャーさんがまず見てみるということで、そのファンレターによって嫌な思いをすることはそうなかったかもしれません。

実際は表に出ていないだけで、あったのかと思いますが、それは分かりません。

その後。

SNSが生まれ、会いにいけるアイドルが生まれ、どんどん発信者と受信者の距離が近づいてきてると思います。

もともと、2chの時代から、誹謗中傷に関する問題はあったわけです。

ただ、その頃と違うのは、自分が知らない掲示板で、知らない間に悪意の書き込みをされるのと、個人アカウントへ攻撃的な内容を書き込まれるのでは、見てしまう可能性は大きく違うと思います。

現代は、一昔前に比べると、誹謗中傷が届きやすい環境になったと言えるのではないでしょうか。

だから余計に、自分と価値観が違う人に意見を言いたい人が増えているのではないでしょうか。

ただ、気をつけたいのが、誹謗中傷と意見の違いです。

それを区別せずに、「批判的なことは言うな!」と発信者が言い出すと、それはそれで反感も買うことでしょう。

批判的なコメントを避けたいのであれば、ブログで一方的に書けばいいわけです。

もしかしたら、それについて悪意のあるコメントをSNSで書き込まれるかもしれませんが、それでも、自分が目にする機会はぐんと減ることでしょう。

誹謗中傷を減らすためにどうすればいいか?

実際、誹謗中傷を減らすには、法整備も必要だと思います。

ただ、それは個人の力でどうにか出来ることではありません。

毎日のように、有名人の方が「誹謗中傷をやめましょう」と書き込まれていますが、それを目にした人が「そうだな、誹謗中傷はやめよう」とはなかなかならないと思います。

そもそも、本人は誹謗中傷とは思ってないかもしれません。ただの一つの意見だと思っているかもしれません。

また、どういう悪意のある書き込みをする方を分析されたりしていますが、それを知ったところで何の解決にもなりません。

誹謗中傷の全体的な量を減らすには、個人の力では難しいと思います。(もちろん、悪質な暴言や誹謗中傷に対しては、関連機関へ報告したり、場合によっては訴訟することは当然大事だと思います。)

国の力なのか、SNSの運営元の力なのか分かりませんが、やはり、大きな力に動いてもらう必要があると思います。

それを待ちながらも、自分で出来ることは何かを考える必要があると思います。

何度も言いますが、暴言や人格否定するような誹謗中傷は許されるものではありません。

誹謗中傷で心を痛めないために何をすればいいか?

SNSでの誹謗中傷自体はなくならないという前提で、では、有名人の方、発信者の方はどうすればいいのか。

どう対処すれば、どう対策すればいいのか?

やはり、「SNSをしない」という選択も一つだと思います。

それでも、自分に批判的、否定的なコメントを目にすること、耳にすることを完全に防ぐことは無理かもしれません。

例えば、知り合いが何となく「こういうコメントがあったよ」と言ってきたりすることはあるかもしれませんからね。

それでも、SNSをしていなければ、自分の心を痛めることが減るならそれも選択の一つだと思います。

もう一つは、「発信は自分でするけど、管理は第三者に任せる」という方法です。

とにかく、コメントを見ないことです。

私にはこれくらいしか思い当たりませんが、これからも自分なりに考えていきたいと思います。

SNSで発信して、全部のコメントを見る限り、嫌な気持ちになることを防ぐのは難しいと思います。

それであれば、SNSと距離を取るのもひとつだと思います。

時々、「SNSやめました!」という有名人のニュースを見ます。

調べてみると、海外セレブ、日本のタレントさん、女優さん、俳優さんの中にも、SNSに疲れて辞めていく人、辞めていった人はたくさんいるようです。

また、そもそも、SNSは絶対しないという人もたくさんいます。

SNSをやるメリットよりデメリットのほうが大きいと考えているからなのか、他の理由があるのか分かりませんが、ご自身で考えて決めたことですから、それはすごいなって思います。

私が偉そうに言えることではありませんが、SNSを辞めていった人もたくさんいるわけですから、「自分はなぜSNSで発信したいのか?する必要があるのか?」について考えることも大事なのではないかと思います。

色々書きましたが、不特定の人に向けて発信すれば、その発信内容で嫌な気持ちになる人がいるかもしれないということも、忘れてはいけないと思います。

まあ、オリンピックで謂れのない中傷を受けるのは、発信内容とは関係なかもしれませんけどね。

誹謗中傷はダメですが、では、発信する側に何の問題もないのかというと、それも違う気がします。

上手く言えませんが、SNSに振り回されないようにしたいなと思います。

このテーマについては、また書くと思います

今回のオリンピックでは、あまりにもSNSへの暴言や人格否定が多かったのか、日々取り上げられています。

この機会に、もっともっと国やSNSの運営元が本腰入れて取り組んでいただきたいものです。