フィンペシア残り僅かだけど次はどの薬買うか?フィナステリドならフィナロイドが候補

フィンペシア残り僅かだけど次はどの薬買うか?フィナステリドならフィナロイドが候補

フィンペシアを愛飲してきました。

この記事はかなり前の出来事なんですが、思い出しながら書いています。

前はプロペシアを飲んでいたのですが、知り合いから、同じフィナステリドの飲み薬で、もっと安いのがあると教えてもらったのが、フィンペシアだったんです。

その時は、こういう個人輸入できる薬があるということすら知りませんでしたので、正直衝撃でしたね。

何年前になるか分かりませんが、フィンペシアを飲み始めてから効果は確実にあったと思います。

完全にハゲてたのが、今はフサフサというわけではありませんが、薄毛が広がっているわけではないので、間違いなく効果が出てるのだと思います。

今回ブログで取り上げたのは、フィンペシアがなくなるタイミングで、引き続きフィンペシアを飲み続けるのか、それとも違うのにするのか。

とりあえず選択肢を調べてみることにしました。

その時の話です。結果的にはフィナロイドを通販で購入しました。

フィンペシアってどんな薬?育毛効果は?

フィンペシアってどんな薬?育毛効果は?

フィンペシアのことを書くのも久しぶりなので、おさらいかねて、まずはフィンペシアのことをまとめておきます。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックと言われることがありますが、厳密にはジェネリックではないのでしょう。

フィナステリドは同じ量が入っていますが、厳密には違うようなことも書かれています。

フィンペシアの効果としては、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれます。その作用によって抜け毛を防ぐというわけですね。

プロペシアと効果が恐らく同じで、値段も安いわけですから、私のように個人輸入代行サイトで買う人も少なくないことでしょう。

パッケージにはこのような記載があります。

Each film-coated tablet contains
Finasteride USP 1mg

簡単に言うと、フィナステリド1mg入っていますよということです。

フィンペシアの副作用は知っておきましょう

プロペシアを私が最初に買ったのは病院でした。

そこで、買う前に、必ず聞かれることがいくつかありました。一つは肝臓の数値のことですね。

肝機能に問題がある場合は、売ってくれません。フィンペシアは肝臓に負担をかけるのですが、それはどんな薬でもそうですし、サプリメントでも少なからず胃や肝臓に負担はかかるものですよね。

あとは男性機能の低下ですね。EDのような症状も起こりえるということです。

そして、これが怖いのが、子供や女性は触ってもいけないそうです。触れるだけで問題があるってどんなに怖いものなんだと思いますが、そういうものなんです。経皮吸収(皮膚からの吸収)とういものがあるようです。

なぜフィンペシアをやめようと思ったか?

私が飲んでるフィンペシアは個人輸入代行サイトで購入したものです。

キノリンイエロー不使用のものですね。インドやタイから発送されるフィンペシアは気をつけたほうが良さそうです。

フィンペシアのレビューを見ても分かりますし、私自信の経験からもそうですが、育毛効果は高いと思っていますし、そう体感しています。

それなのになぜ、フィンペシア以外にしようと思ったのか?

値段もそんなに高くはなかったです。

かなり前、通販で購入していたい時点で、30錠入りで2,082円、100錠入りで2,992円。(たぶん、今は値段も変わっていると思いますが。)

当然100錠入りのほうがお得なのですが、それで3ケ月ちょっともつわけです。1日に1錠ですから。

計算すると1ヶ月で1,000円以下でいいんです。ものすごく安くないですか?

なのに違うのを考えてるというのは、新しいのを見つけたからです。

[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)という商品です。

値段は、30錠入りで1,968円、100錠入りで2,845円ですね。2個と3個のまとめ買いがありますので、さらに単価は安く買えます。

フィナステリド1mgですので、プロペシアとフィンペシアと同じです。

フィナステリド含有の薬は他にもあります。フィナバルド、プロスカー、フィナロ、フィンカー、エフペシア、フィライド、ハリフィンなどですね。

私の中では候補はフィナロイドだけかなと思ったんです。

フィナロイドとミノキシジルの併用が人気な理由

フィナロイドを飲んでいる人の口コミを見ていると、併用している人が多いことに気付くと思います。

もちろん、フィナロイドのみで効果がでる人もいます。

私もフィンペシアだけでも効果を感じていましたからね。

フィナロイドとミノキシジル併用のメリットはなんでしょうか。

それは、別の効果を期待できるです。

フィナロイドとミノキシジルタブレットでは働きが異なります。

ただ、併用を続けていると、どちらかをやめるとなったときに、どちらをやめていいか分からないかもしれません。

というのも、どちらのほうが効果が出ていたのかはわからないです。

もう一つの併用は、フォリックスやリグロースラボや爆毛根ローションなどのようなミノキシジル育毛剤です。いわゆるミノキシジル塗り薬(塗りミノ)ですね。

単品で効かないなら、他のも組み合わせてみるのは、育毛商品だけでなく、化粧品などでもそうですね。サプリメントでもそうだと思います。

ビハクエンのようなコスメも、多くのラインアップがありますが、その中から、どれを選ぶかは本人次第ですが、やっぱり複数の商品を使ったほうが効果が出そうな気にはなるのではないでしょうか。

世間では酒類販売がどうなるかどうかが話題です。

オリンピックの時もそうですし、飲食店でのお酒のこともですね。日々その話題で持ちきりですね。

どうなるかは分かりませんが、しばらくはこの話題が続くことでしょう。

私は今日も日々同じようなことの繰り返しです。