あがり症と人見知り対策【体験セミナーat大阪】

読書会の目的は?おすすめの本を「話せること」と「聴けること」

読書会の目的は?おすすめの本を「話せること」と「聴けること」

読書会は日本全国で開催されています。

では、「なぜ読書会をするのか?」ということを聞かれることがあるので、今日はそんなことを。

主催者の皆さんは、それぞれ何らかの目的があって開催していると思います。その「なぜ?」ということにスポットをあててみます。

「僕が読書会をする目的は?」

と聴かれたら、こう答えます。

本の話しが出来るから
本の話しを聴けるから

読書会の目的は本の話しが出来ること

読書会の目的は何ですか?

以前までは、本を読んでも誰に話すこともほぼなかったです。

自宅で仕事をしているということもあって、そもそも人と話す機会というものが、ほぼなかったということもありますが。

そんな中でも、時々、同じ本を読んだ人と話しをしたり、同じ映画を観た人と話しをすると、やっぱり楽しいなと。

でもそれは偶然なことであって、予め「本の話をしよう」とか「映画の話ししよう」とかって決めてたわけではありません。

それが、「読書会」というものがあると知って、参加させてもらって、「本の話しが出来る場」というものがあると知って、そんな楽しいことはないなと思ったんですよね。

そこに参加すれば、間違いなく本の話し、自分が読んだ、おすすめの本を話しできる。

それを「本が好きな人が聞いてくれる」なんて、普段の生活ではなかなかありません。

僕はよく、「本は読む?」という質問をいろんな人にします。

「読む」とかえってきたら、そこからどういうジャンルを読んでるかとかも聞くんですが、地元の知り合いでは、本を読む人が少ないようです。たまに、本の話しもしますが、それでも、僕が読んだ話しが出来るような雰囲気ではありません。

「本の話しができること」

それが読書会をする目的の一つです。

読書会の目的は本の話しを聞けること

読書会の目的は話を聞けること

もう一つの大きな目的。

それは「本の話しを聞けること」です。

読書会にしてもビブリオバトルにしてもそうですが、自分が読んで良かったおすすめ本を紹介してくれるので、話しにも熱がこもってます。

僕が今までに参加させてもらった読書会や、ビブリオバトル(まだ体験だけですが)の後には、そこで紹介された本を購入してます。全部ではありませんが、気になった本があったら、帰りに本屋によって買うこともあります。

僕は読む本がかなり偏っていて、中学生の頃に赤川次郎さんの「三毛猫ホームズ」シリーズから読書を始めたこともあって、ミステリーとか推理とかサスペンスが好きで、本でも映画でもその手のばかりと接してきました。

それはそれでいいんですが、いざ、違うジャンルの本を読んだり映画を観たりしようとしても、どれがいいのか分かりません。

ネットを見れば、レビューや書評はいくらでも出ていますが、その情報の数が多すぎて、結局迷ってしまって、挑戦しなかったり。

ところが、誰かからおすすめされた本や映画は、その人と情報を共有したいという思いもあってか、手に取るまでが早いんです。

「本の話しを聞けること」

それが読書会をする目的の一つです。

他の主催者の読書会の目的は?

読書会を主催される方とはほぼ付き合いがないのですが、聞いたところによると、勉強会っぽいことをしてる人もいました。

ワークショップのような形式だったりです。

本を読んで何かを学ぼうという感じですかね。

でもたぶん、多くの主催者さんは、ただただ本が好きだからという理由な気はします。分かりませんが。

読書会って敷居が高い?

知人と話をしていて、「読書会って参加しにくい」って話を時々聞きます。

というのも、何が行われてるのかよく分からない、何か怪しい勧誘があるかもしれない、出会い目的の人がいるのではないか、といった不安があるそうです。

考えてみると、全く知らない人同士が集まるとなると、確かに敷居が高いかもしれません。

それなら、完全に紹介制の読書会にするとかもいいのもかもしれません。あとは開催場所ですかね。

図書館で開催されてたらまだ安心ですけど、全く知らない場所だと不安があっても当然かな。

そういう声も参考にしながら、今後も読書会は続けていきたいと思います。

読書会はどこで開催されてる?

日本の色々な場所で開催されています。

海外でもbookclubというのが開催されているらしいです。僕は参加したことありませんが。

ネットで読書会の募集をよくみかけるのが、関東でしたら東京や神奈川横浜、川崎、埼玉、千葉、池袋に新宿、渋谷とか。

関西でしたら、大阪、京都、兵庫は神戸とかで見かけます。

愛知は名古屋、福岡、札幌に仙台、広島、といった場所でも開催募集を見かけることがあります。

僕の感覚ではですが、読書会もどんどん開催が増えているように感じます。

10人以上の大きなものから、僕がする2人で開催するような小さな読書会まで、数え切れないくらい頻繁に開催されています。

前に書いた通り、主催するのは難しくもないですし、誰でもすぐに始めれるので、一度参加してみて楽しいなって思ったら、主催にまわる人もいるでしょうから、これからも読書会はもっと増えていると思いますし、そう願っています。

こちらに「読書会主催と進め方at大阪」という記事を書いたので、もしよければぜひ読んでみて下さい。