趣味ブログで稼ぐ方法(体験済み)

コミュニケーション力セミナーや対人関係セミナーや講座で日常に勝つ方法

コミュニケーション力セミナーや対人関係セミナーや講座で日常に勝つ方法

今後始める予定の講座について。

コミュニケーション力に関するセミナーとなる予定ですが、あがり症や人見知りといった、僕が克服してきた内容からスタートする予定です。

個人の時代だからこそ、コミュニケーション能力が高い人が求められる時代だと思います。

世間では、数多くの講座やセミナーが日々開催されています。

僕も数え切れないくらいのセミナーや講座を受講してきました。

過去に受講してきたものが、どれほど今の生活や仕事に役立っているかは分かりませんが、感覚で言うと、ほとんどの講座やセミナーのことはすっかり忘れてます。

役に立つも何も覚えていないんです。

振り返ってみると、そんな講座も受けたなというくらいです。

スピーチやコミュニケーション力や心理学の講座やセミナーも受けましたが、僕の今の基盤となっているのは、やはり経験です。

今回の記事のタイトルは「コミュニケーション力セミナーや対人関係セミナーや講座で日常に勝つ方法」にしました。

コミュニケーション関連、対人関係の講座やセミナーは非常に多いですが、僕も受けたことはありますが、その日はテンションがあがるんです。

ただ、その次の日。いつもの日常が待っています。

その日常に勝てるかどうかが問題なんです。

講座やセミナーを受けた次の日も同じテンションでいれるかが大事?

僕は勝てませんでした。

いくら講座やセミナーでありがたい有益な情報を聞いて、その時はテンションがあがってやる気になっても、日常の忙しさとストレスによって、やる気が失ってしまうことも多かったんです。

例えば、心理学の講座であれば「傾聴」の方法を学ぶこともありました。

聴く事は大切です。そのコツのようなものを学びました。

セミナーを受講している時は、「これはすごい!」と思って聞いているんです。

そして家に帰ると、家族の話をじっくり聞くんです。

ただ、それが講座通りにはいかないことがあります。

例えば、相手が無茶な相談をしてきた場合。

その場合「傾聴」だけではどうにもなりません。対話が必要になります。

それも内容が無理な要求だったらどうしますか?

それが家族とだけでなく、会社でもまた同様に、上司から無茶な要求をされる。

それでもセミナーで傾聴のコツを聞いてた時と同じテンションで、同じモチベーションで、「話を聞こう!」って思えるかどうかなんです。

僕はそれが無理でした。

結論としては「コツや方法を得るだけでは意識を保てない」というのが僕の考えです。

コツや方法は本や動画でも学べる

昔であれば、何か専門的なことを学ぶ時には、専門家の人の話しを直接聞きに行くことも多かったと思います。セミナーや研修や講座も昔からありましたからね。

今は違いいます。

ネットで調べれば、専門家の方が、あらゆる克服方法をテキストなり動画なりで教えてくれています。

実は「コツや方法」は世間に溢れているんです。もちろん、本からでも学べます。

本やセミナーや研修や講座でも意識の継続が難しい理由

かつてジムローンという実業家はこんなことを言っていたそうです。

「あなたの身近な5人の平均があなたである」

例え話ではありますが、何だか分かる気がします。

これが「本やセミナーや研修や講座を受けてもまた元に戻ってしまう理由」だと思います。

つまり、日常に勝つのは簡単ではないということです。

例えば、あがり症や人見知りを改善したい、克服したいと思った時、まず何をしますか?

僕の場合は本を買いました。

何冊も買いました。

著者はプロの方です。心理学者だったり、コミュニケーション力を人に教えているような方々です。

その本で「コツや方法」は学べます。

実際、僕がそういう本を購入して、読んでいる間は何だか出来そうな気になりました。

人前で緊張せずに話せるイメージも湧きました。

ところがやっぱり人前に出ると、頭が真っ白になったり、声が震えたりということはありました。

厳密には、上手く話せる日もあれば、緊張しすぎて胃が痛い日もありましたね。日によってムラがありました。

本では無理かなと思い。セミナーや講座を受けたこともあります。

それでも本と同じく、受講している間は出来る気になるんですが、やっぱり数日経つと、元に戻ってしまうんです。

日常生活というものがあります。

僕が極度のあがり症だった理由は、「自分の思い込み」と「周りからの声」だったと思います。

その日常がある中では、いくら「あがり症克服セミナー」を受講しても、またその日常に戻されてしまう可能性が高いと思います。

だから、日常の中に、何か意識を変えるものを組み込む必要があると思うんです。

「あなたの身近な5人の平均があなたである」

これは何も人だけとは限らないと思いますし、実際に対面する人だけとは限らないと思います。

僕が「憧れの人持つ」ことであがり症が克服できていったように、自分の身近な人、身近に感じる人、身近なもの、身近な意識をい地道に変えていく必要があると思います。

セミナーを3部構成にする理由

僕がセミナーでお伝えしたいのは、コツや方法ではありません。

なぜなら、コツも方法も、ネットのサイトや動画、本などで出尽くしてると思うからです。

僕がスピーチ会を開催するのも同じ理由です。スピーチを学ぶ方法はいくらでもありますが、それを練習する場所が少ないので、続けています。

もちろん、あがり症や人見知りに関しては、僕が極度のあがり症で人見知りだったこともあり、その経験を踏まえて、僕が思う対策やコツや方法は第2回目にお伝えします。

でも大事なのは、特に第1回目と第3回目です。

あがり症克服セミナーであればこの3つ

  • ①意識を変える(憧れを日々意識する)
  • ②コツを知る(対策のみでOK)
  • ③経験を積み上げる(反復は必須)
人見知り克服セミナーであればこの3つ

  • ①意識を変える(憧れを日々意識する)
  • ②会話のコツを知る(聴く・話す・質問のコツ)
  • ③経験を積み上げる(反復は必須)

長くなってきましたので、今日はここまでとします。

体験セミナーの日程が決まりましたらまたご案内します。

最後までお読みいただきありがとうございました。ちなみに開催場所は大阪です。