ケアプロストもルミガンも緑内障の目薬だけどまつ毛が伸びる?

ケアプロストもルミガンも緑内障の目薬だけどまつ毛が伸びる?

ケアプロストもルミガンも目薬です。

まつ毛が伸びる目薬って何だか不思議な感覚があるかもしれませんが、実は緑内障の治療点眼液なんです。

日本でもまつ毛の育毛剤などとも呼ばれていますが、日本の病院で処方してもらう場合においてですが、緑内障のためであれば保険が適用され、美容目的、つまりまつ毛貧毛症としての場合は、保険適用外のようです。

ですので、ケアプロストはクリニックで処方はされないでしょうけど、ルミガンの場合、病院で処方してもらうと高い値段になってしまうのはそこですね。

オンライン通販(個人輸入代行サイト)で購入する場合は、こちらも参考にしてみて下さい。

ルミガンはこちらです。オオサカ堂が人気ですね。

価格でみるとケアプロストのほうが安いと思います。

なぜ目薬のケアプロストでまつ毛が伸びるのか?

まつ毛を伸ばす効果があるのは、ケアプロストにビマトプロストが入っているからです。

ビマトプロストの効果でまつ毛の生え変わりのサイクルを、最大限、つまり、できるだけ長く成長期が続くようにしてくれるようです。

そのため、まつ毛が途中で抜け落ちることなく最長まで伸びてくれるということなんですね。

目薬でも点眼しないのがケアプロスト

目薬とうと当然点眼するものですが、ケアプロストやルミガンをまつ毛育毛目的で使う場合は、絶対に点眼してはいけません。間違っても点眼はダメです。

点眼すると、眼圧を下げてしまうので、目がくぼんだりもしてしまいます。

ケアプロストの使い方としては、アプリケーターなどで、まつ毛の生え際だけに塗るものとなります。どうしても、まつ毛の根元に塗っても、瞬きをするときに、僅かでも目に入ってしまい充血することもありますが、その程度でしたら、問題ないでしょう。

しかし、余計な部分に、ケアプロストの液がつかないように最新の注意を払うに越したことはありません。

ケアプロストは医薬品であり副作用があることを知っておく

目薬だからと軽く考えてはいけません。

疲れ目の聞く目薬とはわけがちがいます。元々が緑内障の治療薬ということで、その作用がまずあるわけですから、使用方法を間違わないようにしましょう。

自分の満足いくまつ毛になればいいですね。

緑内障とは?

緑内障とは、進行がゆっくりだそうで、なかなかその症状に気づかないこともあります。最悪の場合失明につながるということで、非常に怖い病気のようです。

眼圧を下げる目的なのが、元々の緑内障の点眼液のようで、その副作用がまつ毛が伸びるということなんですね。

実はビマトプロストには、眼圧を下がる以外に、毛包のを活性化させる作用があります。

そのため、まつ毛が伸びたり増えたり太くなったりするわけですが、もともと毛包がない部分からは生えてこないというのはそのためです。

ただ、今はまつ毛がなくても、何らかの原因でまつ毛が生えてこなくなってはいたものの、まだまつ毛が生えてくる可能性があった部分から生えてくるかもしれませんね。

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の大きな違い

まつ毛が伸びる「まつ毛育毛剤」に似ているものとして、まつ毛美容液があります。

この2つは全く異なるものです。

まつ毛美容液は文字通り、美容液であり、コスメ、化粧品です。

ですので、そもそも効果があるとかないかとかではない、単なる化粧品なんです。

まつ毛育毛剤や医薬品です。

そこか大きな違いです。

なぜこれらが混同されるかというと、よく、まつ毛育毛剤ランキングとか、まつげ美容液ランキングを掲載してるんですが、そこに両方が混ざって掲載されていたりするんです。

その違いを理解した上で、どちらを購入するか決めるのがいいでしょうね。

まつ毛育毛剤の効果は塗っている間だけ

まつ毛美容液は置いておいて、まつげ育毛剤についてですが、塗っていて効果が出たとしましょう。

まつ毛が伸びてきたとして、いつまで塗り続ける必要があるのかについてです。

ケアプロストにしてもルミガンにしても、やはり塗っている間は効果が出るかもしれませんが、使うのをやめると、元に戻る可能性が高いようですね。

根本的な治療というものではなく、まつ毛が伸びやすい環境を作るというだけですので、当然かもしれません。