ケアプロストとルミガンは妊娠中や授乳中は使わないほうがいい理由(まつ毛育毛剤全部)

ケアプロストとルミガンは妊娠中や授乳中は使わないほうがいい理由(まつ毛育毛剤全部)

ケアプロストやルミガンは飲用するのではなく、塗る医薬品です。

まつ毛育毛剤であり、美容液というコスメではありません。

塗る部位も、まつ毛の生え際なわけですから、体内への影響というものはないと思っていました。

ところが、ケアプロストやルミガンは、授乳中や妊娠中は使用してはいけないんです。軽い気持ちででも使わないほうがいいでしょう。

なぜケアプロストもルミガンは妊娠中や授乳中は使えないのでしょうか?どんな危険性があるのでしょうか?

調べてみました。

なお、ルミガンについては全部こちらにまとめていますので、要チェックですよ。

ケアプロストとルミガン(まつ毛育毛剤)は妊娠中は使用してはだめな理由

妊娠中は女性の体のホルモンバランスが変わります。見た目だけでなく、体内でも大きく変化が起きます。

ですので、妊娠中はケアプロストとルミガンは使わないほうがいいんです。それはお腹の中の赤ちゃんに影響が出てしまう可能性があるからです。

ではなぜダメなのか?

これは調べましたが、やはりケアプロストとルミガンというのは点眼液なわけで、それをまつ毛の育毛に使っているのですが、場合によっては目に入ってしまうこともあります。

医薬品成分のビマトプロストが目に入った場合、体にどういう影響があるかはわからないわけです。

だからいろいろな副作用が起きる可能性が記載されているわけです。

つまり、絶対大丈夫と言えない限りは、万が一のこともあるので、妊娠中も授乳中もケアプロストとルミガンは使ってはいけないということです。これはモデラッシュでも同様だと考えて下さい。

もちろん、点眼液として使うわけではないですし、目に入ったとしても、極少量なので影響があるとは考えにくいのですが、心配することは体に悪いわけです。ストレスにもなりますから。

もし、お医者さんが、絶対大丈夫というならそれを信じてケアプロストとルミガンを使うのはいいでしょうけど、そうでなくて少しでも不安があるなら控えましょう。

ルミガンは通販で購入できますが、、その時ん、妊娠中や授乳中について聞かれることはありません。あくまで自己責任ですので、自分で判断するしかありません。

何か副作用が起きても、責任をとってくれるわけではありません。自分で調べてしっておく必要があるということですね。

ケアプロストとルミガンは授乳中も使わないのがベスト

妊娠中はケアプロストとルミガンを控えるとして、授乳中はどうなのでしょうか。

やはり妊娠中と同様な理由で、ケアプロストとルミガンは控えたほうがいいでしょうね。

赤ちゃんにどこまでに影響があるかわからないからです。ビマトプロストがどれほど影響でるかは分かりませんからね。

妊娠中はまつ毛が抜けやすいのは本当?

妊娠中は、ホルモンのバランスに変化が起きます。その影響もあって、まつ毛の成長サイクルがいつもと変わってしまうこともあります。

その影響でまつ毛が抜けやすくなる可能性があります。

一番長くまで伸びるのではなく、早い段階で抜け落ちてしまうので、まつ毛が短くなったと感じるかもしれません。

妊娠中も授乳中もケアプロストとルミガンは使わないという結論

結論としてまとめると、妊娠中も授乳中もまつ毛育毛剤は使わないほうがいいということです。

ここでも書きましたが、まつ毛が抜ける原因はいくつもありますから、妊娠中や授乳中は抜けやすくなる可能性もありますから、その時期は、一旦ケアプロストやルミガンをやめておくのもひとつの考え方です。

まつ毛はまた伸ばすことは出来ますが、その時期の赤ちゃんをじっくり見るのは、その時しかできないですからね。

最後にまつ毛育毛剤にちなんで、オシャレに関する趣味のページを紹介します。

まつ毛育毛剤の代表的存在として、個人輸入代行サイトでも人気のルミガンとケアプロストを例に挙げましたが、それ以外の、モデルアイズ・モデラッシュでも同様です。

美容液としての、まつ毛美容液もありますが、効果だけでいうとまつ毛育毛剤のほうが高いと思われます。ただ、副作用の心配があるので、それは塗り方も含めて気をつけたほうがいいでしょう。

まつ毛育毛剤の副作用といえば、色素沈着が有名ですね。いわゆるシミです。

紫外線を浴びすぎていると、いくら10代でも20代でも30代でも、シミが増えることが予想されますので、紫外線対策はきちんとしたほうがいいでしょう。塗るUVクリームとあわせて、ヘリオケアのような飲む日焼け止めも併用する事で、効果が高くなるかもしれません。

ルミガン関連ページはこちら

今回のルミガンを妊娠中や授乳中は使わないほうがいいという点以外にも知っておいて損はないことがあります。

それを紹介して終わりにしますね。

ルミガンは元々は緑内障の点眼液なんですよね。その副作用として、まつ毛が増えたということで、今は、まつ毛を伸ばす目的としても使われている、ということなんです。

ケアプロストもルミガンも緑内障の目薬だけどまつ毛が伸びる?

点眼液といっても、目に入っても大丈夫とは思わずに、目に入らないように、丁寧に、まつ毛の生え際に塗るようにしましょうね。

次は、男性用とか女性用と言う話です。

まつ毛育毛剤やまつげ美容液には女性用も男性用もない?ルミガン&ケアプロスト

ミノキシジル育毛剤という頭皮用の塗り薬の場合は、男性用とか女性用というものがありますが、ルミガンのようなまつ毛育毛剤には、男性用とか女性用とかがありません。

男性でも使っても大丈夫ということです。

どれくらいの人が使っているかは知りませんが、まつ毛を伸ばしたいと思ったら使ったらいいと思います。

もう一つ注意点です。

まつ毛エクステとの併用ですね。

まつ毛育毛剤(ケアプロスト・ルミガン)はマツエクしたまま塗っていい?塗り方ある?

どちらも保険適用されるものではありませんので、ある程度の費用がかかります。

さて、マツゲエクステはしてるけど、ルミガンやケアプロストを使いたい場合はどうすればいいのか?

それは、そのまま塗って大丈夫そうです。

もちろんその場合でも、生え際にゆっくり塗ることが大事ですね。

まつ毛自体に塗る必要がありませんので、あくまで根元ですからね。

最後に。

根本的な話になりますが、そもそもナゼまつ毛が抜けるのか、対策方法はあるのかという点です。