あがり症と人見知り対策【体験セミナーat大阪】

読書会レポ【第1回】アウトプット大全で読書会│大阪梅田

読書会記録【第1回】アウトプット大全で読書会│大阪梅田

初めての読書会主催のレポです。

日程:2019年6月29日
時間:9時半~12時頃
場所:大阪梅田のカフェ
参加:4名
テーマ:アウトプット大全(樺沢紫苑氏)の感想をシェアする会

主催した感想│【第1回】アウトプット大全で読書会

読書会に参加したことはありましたが、主催は始めてです。

結果的には、自分自身は大満足です。参加の皆さんも満足いただけたと思いたい。。

初主催ということで、少人数とはいえ緊張しました。

特に気を使ったのが、場所をどこにするか?

始めて参加させていただいた読書会は、主催者さんが心斎橋のカフェを予約されていました。

僕もそうしたかったのですが、予約できるカフェを見つけれず、結局、グランフロントにあるカフェで開催することにしました。

何度か下見には行きましたが、満席の時もありましたので、もし、開催時間に満席だったらどうしようか?なんて考えると、不安が残りました。

結局、開催時間にはまだ十分席があいていたのと、人数が4人ということもあって、無事開催できたというわけです。

なぜこの本で読書会をしたのか?│【第1回】アウトプット大全で読書会

なぜこの「アウトプット大全(樺沢紫苑氏)」という本で読書会を主催したか。

それは、僕がツイッターを始めるきっかけとなったのがこの本だったからです。

僕は10数年前から在宅ワークのフリーランスになっていたので、普段の生活で人と話すことが極端に少なかったんです。

アウトプット(話す、書く、教える)はほぼない状態でした。それもあって、メンタル面で病んでしまってたこともありました。

ブログを書きたいとか、人と話したいという想いはあったものの、きっかけもなく、新しく何かをする元気もなく、ただ年月が過ぎていた時、この本を読み、まずはツイッターから始めてみようと思ったんです。

そして、ツイッターの中で知り合った人達と無事読書会を開催できたということなんです。

読書会を主催するなら、やっぱりこの本だとなったわけです。

読書会の内容に思うこと│【第1回】アウトプット大全で読書会

テーマは「アウトプット大全」ですから、皆さん、当然、何度も本を読んでる方。

読書会の流れはこういうタイプ。

アウトプット大全について一人が発表
発表後、みんなが発表者に質問

それの繰り返しです。

皆さん話すのが上手です。僕は話すのは得意なほうではないので、ちょっと短めで。

改めて思ったのが、読んだつもりなってた「アウトプット大全」ですが、皆さんの発表を聴いていると、そんなこと書いてた?という内容があったりしました。

きちんと読めてなかったのでしょう。やっぱりビジネス書は、読むだけでは頭に入っていないと痛感しました。

読んで、アウトプット(誰かに話す、誰かに教える)してこそ、使いこなせるようになるんだろうなと思いました。

アウトプット大全の次はインプット大全で読書会を

この読書会を開催した時には、8月に「インプット大全」が出版されることが決まっていましたので、次回、またこのメンバーで、「インプット大全」で読書会をしましょうと話して、別れました。

2019年9月1日時点で、まだインプット大全の読書会は開催していません。出来れば、大阪のカフェで開催できたらと思っています。またご案内しますね。