あがり症と人見知り対策【体験セミナーat大阪】

ビブリオバトルの体験会に初参加(at大阪)

ビブリオバトルの体験会に初参加(at大阪)

初めてのビブリオバトル。

まずは体験会から。ということで行ってきました。

まずは「ビブリオバトル」のルール説明等があり、発表者が順番に発表していくという流れ。

制限時間は5分、その後2分間の質問タイム。

結果的には、予想をはるかに超える楽しさと学びがあったと感じました。

ビブリオバトルとは?

ビブリオバトルがどれほど認知されているかは分かりませんが、僕が知ったのは昨年かな?

たぶん、昨年か今年に入ってからかな?

はっきり覚えていませんが、そういえば、読書会に初めて参加した後だったと思います。

詳しいルールは、公式サイトをご覧いただくととして、簡単なルールを。

フラリ

  • 発表者は5分で持ってきた本について発表する
  • その後に2分間の質問タイム(公式ルールではディスカッションを2~3分)
  • 「どの本が一番読みたくなったか?」投票を参加者全員一票で「チャンプ本」を決める

そういう流れです。

読書会と似てるかと思いますが、やっぱり雰囲気も全然違いました。

ビブリオバトルは5分が鍵

今回の体験会に参加する前に、公式サイトを見たりしてルールはだいたい分かっていました。

そして「5分で話す」ということも知っていました。

ただ、「発表者は必ず5分間を使い切る」というルールを知りませんでした。

発表をはじめて5分経ったらその場で終了なのは分かっていましたが、時間が余ってしまったら、どうにか5分経つまで何かでその時間を使い切らないといけなかったんです。

そんな時に試されるものなんですよね。

僕の発表は「本日は、お日柄もよく」

ビブリオバトルの発表は本日はお日柄もよく

どの本にするか迷いましたが、僕自身、色々と影響を受けている「本日は、お日柄もよく」にしました。

一応、家でどんな内容で話すかはざっくり決めておいて、タイマーで計ってみると、だいたい5分半から6分くらい。

少し長めだけど、まあ多目に見てくれるかななんて思って挑んだんですが、甘かったです。

心地よい緊張の中、話し始めたんですが、今思うとかなり早口になっていたと思います。

僕の発表が終わったのがだいたい4分半くらい。30秒も余ってしまいました。

そんなに余ると思ってなかったのと、5分を使い切らないといけないというのも知らず、モゴモゴと30秒間が経ってしまいました。

やっぱりまだまだ咄嗟に弱いなと気づけたのは良かったです。

チャンプ本には選ばれませんでしたが、貴重な体験だったと思います。

質問力も試される場

僕が昨年、初めて読書会に参加させてもらった時に持っていった本が「質問力」の本でした。

それくらい「質問」ってことは、僕にとっては大きなテーマの一つなんです。

それは人に対しての質問もそうですし、自分に対しての質問もです。

今回のビブリオバトル体験会では、5分間の発表の後、2分間の質問タイムがありました。

その質問タイム。

全員からではありませんが、どんどん質問をされる方がいます。

例えばですが、僕の発表の後。

僕は発表の時に「普段はビジネス書や実用書を読むことが多くて、小説を読むことは多くない」という話をしたんですが、それに対して「普段小説はあまり読まないのに、なぜ、この本を読もうと思ったのか?」といった質問をいただきました。

そんな感じで、誰の発表の後でも、質問がどんどん出てくるんです。素朴な質問かもしれませんが、あの場ですぐに質問を出来るのってすごい方々だなと尊敬します。

この質問タイムというのは、僕にとってはとても大切な時間だと感じました。

結局僕はほとんど質問できませんでしたけどね。まだまだ場慣れが足りません。

発表された本をご紹介

大阪にてビブリオバトル体験会に初参加

こちらが今回紹介された本です。

どこまで書いていいのか分からないので、本のタイトルと著者名だけ書いておきます。

発表本7冊

  • 黄泉の王(梅原猛)
  • よいこの君主論(架神 恭介/辰巳 一世)
  • フューチャー・オブ・マインド 心の未来を科学する(ミチオ・カク著/斉藤 隆央訳)
  • エストニアを知るための59章(小森 宏美)
  • 本日は、お日柄もよく(原田マハ)
  • おおきなおおきなおいも(赤羽 末吉)
  • みかづき(森 絵都)

ちなみに僕は「よいこの君主論」に一票。

ビブリオバトル体験会に参加した感想

最後に、僕が感じたビブリオバトルについて。

今年に入ってから何度も読書会には参加したり主催したりもしているので、読んだ本について誰かと話す機会というのは増えています。

ただ、読書会にしても、誰かと本の話をするにしても、制限時間というものはありません。読書会であれば、だいたい5分くらいまでというのはありますが、それでも厳密にというわけではありません。

短い方は1分ほどで終わることもありますし、長い方は5分を過ぎることもあります。

ビブリオバトルの場合は、5分という決まりがあるので、その点、緊張感が違います。

そして、バトルというわけですから、「どうにか、自分の本を読みたくなってもらおう」という思いで皆さん発表します。

そこも読書会とは違うところですね。読書会は、その本にまつわることでしたら、どう話してもいいですし、読みたいと思ってもらおうと思う必要も特にありません。

「緊張感」という点で、読書会とは大きく違うなと感じました。

読書会でもビブリオバトルでも共通して言えるのは、普段僕が読むことはないだろう本のことを知れるという点です。

本屋に行っても、手に取ることはないだろう本のことを、一生懸命紹介していただけるなんて、これはとんでもなくありがたい経験だと思います。

僕は話すのも好きですが、聴くのも好きなんで、もっともっと聴いていたかったという想いもあります。

今後、色んなところで開催されているビブリオバトルに参加させていただくか、自分で主催していくか、何らかのかたちで触れていたい会だと思いました。

スピーチ会とも読書会とも違いますが、とても魅力のある会だと思います。